荒船山へ(5月21日、木)

荒船山。
高崎で勤務していた頃、群馬最西部の山並みのなかで山頂部が台形のように平坦な山、
一風変わった山容の荒船山を見るにつけ、どんな山か登ってみたいと思う事がしばしばありました。
下仁田駅からバスで登山口まで行くことは分かっていたのですが、
登ろうという踏ん切りがなかなかつかないで20数年経ってしまいました。

高校時代のクラスメートに誘われて、去年、奥多摩に山登りに行った際
荒船山への思いを吐露したところ一緒に行ってやるという話になりました。

今回、クラスメートTさん、Hさんに連れて行ってもらうことに。
集合は新座の駅に7時半。
それからはTさんの車で登山口まで運んでもらいます。

車中でコースを相談する。
山男のHさんもこのところ膝が思わしくないこともあって、軽めのコースを歩くことになった。
下仁田ICを下りて254を北上、内山トンネルを過ぎてさらに内山大橋を渡ってしばらく走る。
ちょっと行きすぎか。
よく地図を見れば内山大橋の群馬寄りから登山道に入るルートだ。
引き返し、大橋手前の廃業しているドライブイン前の駐車場に止める。

登り支度を整えて青空の下、10時に出発。
先ずは荒船観音を目指す。観音様までは車も走れる舗装された参道だ。
兜岩山を目の前にして歩く。
c0147935_20114075.jpg

途中には別荘が結構ある。
その別荘、薪を積んでるお宅が多い。
薪ストーブファンがいるという事のようだ。
30分程度歩いて荒船観音に着く。安全祈願のため手を合わせる。
c0147935_2012588.jpg

ここからは山道となる。傾斜はさほどない。まるで高尾山のハイキングロード。
適度に風も吹いていて、気分よく樹林の下の山道を登る。
森林浴そのもの。登山口から1時間半で星尾峠に着く。

ここは分岐点。
我々はここから経塚山に立ち寄って荒船山を横断する予定を立てていた。
Tさんがコピーした地図に後から記入した経路を見ると
東南方向10分の所に経塚山がある。
分岐点を東南方向に進もうとすると道が崩れていて通行禁止だ。
ちょっと離れたところに南方向に道がある。
この道が経塚山へのルートと信じて進む。

下って登る、そのピークが経塚山の1422メートとは思えず、また下って登ってピークに。
もっと高い頂上を求めて進む。峠から10分どころでない。
やっと銅像の祀られているピークに着く。
そこには御嶽山と掲示されている。
ここの登れば木曽の御嶽山と同じご利益があるという事が案内板に描いてある。
ここでHさん西上州の地図を出し、間違ったルートを進んできたことが確認される。
40分ロスしたことになった。

引き返すこととなったがここで昼食を摂る。
でも風が冷たい。食べる間はジャンパーを羽織る。
c0147935_20161913.jpg

引き返して40分分岐の峠に戻る。
ここからは間違えずに荒船山へ。
ほどなく経塚山の分枝に。
10分かけて1422メートルの山頂に立つ。
でも祠はあるものの経塚山という表示は何もない。
c0147935_2017415.jpg

戻って荒船山の山頂部を歩く。
c0147935_20424934.jpg

両側はまばゆいばかりの新緑の葉で覆われた樹林で、眺望は全く効かない。
歩くだけなら、熊笹で覆われたりもして、最高の山道だが景色が見れないのが残念。
森林浴をしながら多少傾斜しているかどうかわからないくらいの平らな道を進んで艫岩の展望台に出る。
c0147935_2019254.jpg

ここで景色を堪能しようと思うが、風が強くて足元が不確かでゆっくり見ていられなかった。

ここから内山峠の登山口に向かって3,3キロ下る。
途中樹間から登ってきた経塚山と荒船山が、艫岩も見える。
c0147935_2025141.jpg
c0147935_20252964.jpg

このルートは岸壁を横ばいに歩いたり、岸壁の突き出ている岩に交互に足を乗せながら下ったり
鎖場があったりして結構危険と思われる場所があった。
高度差もあったりするコースなのでこちらから登らなくて正解と確信する。
c0147935_20431977.jpg

3時半内山峠の登山口に着く。

ここからは車を置いた場所まで旧道を下る。
30分で着いた。

念願の荒船山登山。
山頂部からの眺望が効かなかったのが残念だがとにかく一応登って一区切りついた感じだ。
c0147935_20342284.jpg
c0147935_20344946.jpg

c0147935_2036260.jpg


帰りは所沢ICの前後が渋滞したが7時半前には家に着いた。

万歩計 33067歩

by mmmbokuten | 2015-05-21 21:05 | 山登り | Comments(0)  

<< 午前も午後も読み聞かせ(5月22日) 今日は快晴(5月20日、水) >>