カテゴリ:絵本読み聞かせ( 61 )

 

たっぷり読み聞かせ関連(12月6日、水)

家のシャコバサボテンが旬。
c0147935_20032855.jpg
第一水曜日なので絵本読み聞かせボランテァグループの定例会だ。
9時に自転車に乗って向ヶ丘遊園の福祉パルへ向かう。
定例会の前の役員会を含め定例会の終わった11時過ぎまで会議続きだ。

午後はこのグループの年間行事の一つ期別発表会の打ち合わせだ。
我ら9期生何を読むか、同期の仲間で決めるのだ。
候補本を皆さんが持ち寄り、ああでもなおこうでもないと放しながら
一冊に絞ることができた。
そして2月21日の本番に向けて練習日を決めた。
それでもここまで決めるのに3時までかかってしまった。

c0147935_20033628.jpg

家に戻って一休み。
4時半から歯医者さんへ行く予定がある。
その前に図書館に寄りたいので早めにポールを持ってノルディックウオークで出かける。
バス通り雑木林と青空のコントラストが美しい。



万歩計 8847歩




by mmmbokuten | 2017-12-06 20:27 | 絵本読み聞かせ | Comments(0)  

一冊で間に合わす(11月6日、月)

本日は読み聞かせの予定が2か所入っている。
朝一番、快晴で気温が低くなっているなか、厚木をして、手袋をして自転車で生田小学校へ向かう。
浄水場から生田小までの上りの坂道、はあはあ息を弾ませて登って行く。

c0147935_19263918.jpg
今日読んだのは「だいじょうぶだよ、ゾウさん」。
ネズミとゾウの助け合いのお話だ。
幼いころのネズミはゾウに守ってもらったり、遠くまで遊びに連れてってもらったり
いろいろお世話になった。
そのネズミが生命が燃え尽きようとするゾウを
父母兄弟が先に逝って行ったゾウの国」へ安心して行けるための手助けをした。
友情物語とも命の物語とも言える話だ。
聴いてくれる6年生30人弱。
終始この重いテーマの絵本の絵を見ながら静かに聴いてくれた。
この静かに聞いてくれるのはまいどのことだが。
なかなか反応がつかめないのが残念。

午後は菅小学校のわくわくプラザ。
ここへはポールを持ってノルデックウオークで向かう。

学年跨りの70人にも及ぶ児童相手に読む。
今日はよみ手は。KさんAさんとの3人

何を読むか迷ったが、結局「だいじょうぶだよ、ゾウさん」をもう一度読むことにした。
なんせ大勢の児童なので友達同士でゃなしたり、小突きあったりしている児もいるにはいたが、
総じて前に座っている低学年の児の方が真剣に聴いていてくれた。

3人で30分の時間を貰っているのだがこちとらは長い本を持ってきたが、
お二人が短い本だったので時間が余ってしまった。
もう一冊読みましょうかと持ちかけたら大部分の児童がもう結構という反応だ。
それでも読んでという児童もいたので、その子のために場所を変えてKさんが読むことに。

返りは来た道とは別なコースを。
c0147935_20084287.jpg

c0147935_20090509.jpg
菅仙谷公園ではすっと伸びた木の紅葉に目を奪われた。
西菅公園の遊歩道、月末の「フリーマーケット」に備えてか、業者が植え込みの剪定並木の枝払い道路の清掃をし終えて、様変わり、きれいになった。

万歩計 6768歩




by mmmbokuten | 2017-11-06 20:23 | 絵本読み聞かせ | Comments(0)  

読み聞かせ一連(8月2日、水)

朝一番読み聞かせグループの定例会へ。
向ヶ丘遊園の「福祉パル」へ自転車で向かう。

予定通り10時に始まり
特に議論を呼ぶテーマも無く11時過ぎに終える。

午後2時からは生田出張所での読み聞かせの勉強会。
こちらへはバスで。
終えたら飲み会の予定があるので。
c0147935_21503630.jpg

生田の折り返しで降りて,しばらく現津久井道を東進すると、左の丘際に道が見える。
これはきっと旧津久井街道、生田出張所に続く道のはず。
北側の山すそに走っている。
旧街道と思い初めて歩いてみることにしたた。。
旧道だけに道幅が狭い。
ところが
案に相違して、この道、カーブして現在の津久井道に合流する。
へえと思って歩き続けていると
旧津久井道らしきものがまた出てきた。

この道を歩いて行くとは予想通り出張所前に通じていた。

c0147935_20334530.jpg

生田出張所での勉強会。
こちとらは「きつねにょうぼう」を読む。
山の中の農夫にずうっと思い焦がれてきたキツネが若い娘に化けて思いを遂げると言うのがこの民話のベースとのこと。
このことを頭に入れて読むことと指摘される。
何度も練習はしたが、そこまでは思いも及ばなかった。
先生に脱帽。
高齢者施設で読むのが適切とのアドバイスもいただく。
つまり小学校で読む本ではないとのことのようだ。
c0147935_21502623.jpg




勉強会を終えて同期有志7人で先生をお呼びして飲み会。

和やかな雰囲気のなかで
参会者各自へ先生から忌憚のない各種アドバイスが飛ぶ。

貴重な時間となった。

万歩計 8510歩

by mmmbokuten | 2017-08-02 21:44 | 絵本読み聞かせ | Comments(0)  

空振りもあったけど(6月8日、木)

梅雨入り2日目。
期のの予報だと、降ったり止んだりの天気で傘は話せないとのことだった。
朝一番の予定は生田保育園での絵本の読み聞かせだ。
昨日雨が降っていたらと相方さんにアッシー君を頼んでおいた。
でも曇り空だが雨は落ちてはいない。

自転車に乗って出かける。
途中雨が降って本が濡れては困るのでビニール袋を用意して。
生田保育園は小田急線の向こう側、踏切を渡ろうとすると、
ラッシュアワー時で10分も足止めをくらいかねない。
今日も跨線橋を自転車を持ち上げながら超すことに。
これならいらいらしないで済む。

c0147935_20461202.jpg

今日は5歳児相手に読む。相棒は同期のS,M女史。こちとらが一番手。
「ライオンとぼく」を読む。
ぼくがライオンをおうちに招待したら、父母姉それぞれがライオンの姿、行動にクレームをつけるのだ。
それに従順にしたがっていたらやたら行儀良いライオンになってしまった。
そんなライオンに我慢が出来なくなった僕とライオンが家から飛び出し元の野生のらいおんに戻ると言う話。
5歳児の皆が絵がかわいいこともあって本に食い入るように見たり、読み手の読み方を楽しんでくれた。ライオンの足がまだ汚れていたよなど絵の細かい所を指摘する子もいたりする。
読み終わって「たのしかった」とおしゃまなことを言う子もいたり。
良い雰囲気で読み終えた。
M女史が締めに読んだ「ネコのピートのボタン」では参加型の絵本とあって要所要所で呼びかけに応じる返答もあって大いに盛り上がった。
最後に「今日の本はみんな良かったよ」などと総括してくれる子までいた。
3人とも気分を良くして園を後にする。

c0147935_20273399.jpg

10時には帰宅。この時間なら遊水池のコートでテニスができるはず。
着替えて向かう。
一寸メンバーは5人と少なかったが、
時折強い風の吹く中ゲームを楽しむ。
男だけのゲームの時は勝ち負けを意識してボールを打つ。
こちとらがファーストサーブの確率を上げればもっと充実した試合になるのだが。
それが悔やまれる。

午後雨が時折降る予報と真逆になってきた。
青空が広がってきた。
4時からスポセンのコートでまたテニスができると予定していた。
それまでの時間横になって単行本を読む。
4時前コートに着いたらテニス仲間コートの掃除中。
何と今日は2時から4時予定だったとのことだ。
大空振り。あきれ返られてしまった。

でもいい。朝の読み聞かせの充実感があったから。
c0147935_20331725.jpg
c0147935_20333446.jpg

万歩計 11561歩


by mmmbokuten | 2017-06-08 20:25 | 絵本読み聞かせ | Comments(0)  

一日読み聞かせ関連(6月7日、水)

c0147935_22283821.jpg
c0147935_22284566.jpg
家を9時に出て夕方5時過ぎに戻る。
この間読み聞かせ関連ばかりで時間を過ごす。

先ずは月一の定例会。
福祉パルへ自転車で向かう。
盛り沢山のテーマであったが、司会者が巧く進行して時間通り12時前に終える。

午後は勉強会だ。
ちょっと間があったので、同期の皆さんと蕎麦屋さんに入って昼食。
ここでグループ内の情報交換。
嘘や真が飛び交ったりする。
c0147935_20383061.jpg
2時からは同期主体の勉強会。
自転車で移動中中野島駅近辺の用水路では小学生がザリガニ取りをしている。
そんな季節になったのかと思い知らされる。

下布田小学校のボランテア室での勉強会、
各自先生の前で読んで講評を頂く。
10期生が入ってきたこともあって先生の講評は以前に増して厳しい。
軒並みコテンパンにやられる。
c0147935_20353002.jpg

こちとらは「わたしのおばあちゃん」を読む。ベルギー生まれの絵本テーマは認知症。
この本は報告ではなく述懐として読むべし。
楽しい思い出はゆっくり楽しそうに、悲しい思い出は口ごもりながら
と指導を受ける。
寄り添いのセリフは一工夫をとも。


9月生田小学校の6年生向けに読むことについてはOKが出た。

難しい本を持ってきた仲間、小学校で読むには準備不足とNGが出た人も。
厳しい結果が出た勉強会となった。

天気は下り坂だがまだ降ってくる気配のないうちに家に戻れた。

万歩計 3939歩

by mmmbokuten | 2017-06-07 21:20 | 絵本読み聞かせ | Comments(0)  

雨では動けない(4月11日、火)

c0147935_20014989.jpg
このしゃくなげもうだいぶ前になるが赤城山へ高校時代のクラスメートと登った時、もらったものだ。
帰りの前橋駅へのバス待ち時間が長いので、バス停横のお店でビールなどの飲んでいた時、お店の人から記念にともらったものだ。
庭の片隅に植えておいた。
これまでも2,3輪の花を着けることがあったが、
今年は5,6輪咲きそうだ。

夜明け前から雨が降り出してきた。
火曜日なので雨が降っていなければ今期のテニス教室の始業日なのだが、この雨で延期だ。

火曜日の午前は多摩スポの自由卓球日。
でも今日は特別な読み聞かせのオリエンテーションが10時から下布田小である。



こちとらこれにエントリーしているので卓球の方はパスだ。
c0147935_20253907.jpg

今期からこの小学校の1.2年生向けの授業の一環での読み聞かせに参加希望を出していた。
そのオリエンテーションだ。
「アンデルセン授業」といって45分の授業時間に先生一人とボランテア2人の3人で絵本の読み聞かせ授業だ。
目的は低学年のうちに本に親しむように仕向けることだ。
授業の位置づけなので、真剣に対処しないところがいい。
たまには真剣に取り組むのも必要だ。
オリエンテーションが終わって校舎からでればこの学校多摩川から用水を引いていてかんさつえんなる一角がある。
満開は過ぎたが桜の木が数本その区画にある。
川崎の中でもこんな区画を持っている学校は少ないはずだ。
恵まれている。

雨の中、中野島駅から電車に乗って帰る。
稲田堤駅で下りて図書館へ。
今週保育園で使う絵本を数冊借りてバスに乗って家に帰る。

午後生田小学校の朝読みの予定表のPSへの打ち込み、送信で大半の時間を費やす。

万歩計 6366歩


by mmmbokuten | 2017-04-11 20:43 | 絵本読み聞かせ | Comments(0)  

読み聞かせ関連活動だけ(4月5日、水)

今日の予定は午前、午後とも絵本読み聞かせグループの活動に関連するものだけ。
c0147935_21090185.jpg
c0147935_21085553.jpg
先ずは向ヶ丘遊園の福祉パルへ。
その途中の二ヶ領用水脇の桜がどの程度咲いているのか気にしながら、
自転車を走らせた。
津久井道に近くなってやっと3分咲き程度のこの桜が一番花を着けていた。
満開までにまだ日日がかかるようだが、川岸の花はやはり映えていた。

9時半から役員会、10時から定例会。
お膳立てが良いので正午前にはつつがなく終わる。

午後は2時から生田の出張所で打ち合わせ。
昼食は同期の皆さんとご一緒に向ヶ丘遊園駅前の居酒屋「ちゃすけ」へ。
ここのランチはコスパが良い。
みんな同じ「刺身定食」を頼む・
刺身が新鮮で美味いのが最高だ。
夕方からの居酒屋に足を運んでみたくなる。

打ち合わせは生田小の朝読みの件だ。
折角授業時間の一部を貰っての読み聞かせだ。
練習も妻内でのいい加減な読み聞かせはダメと先生から活を入れられる。
曽於の通りだ。
いい加減な読みで児童に迷惑をかけられないと自覚。
この打ち合わせもたっぷり2時間半もかかった。

今日は座っている時間が長かった。

万歩計 4084歩

by mmmbokuten | 2017-04-05 21:23 | 絵本読み聞かせ | Comments(0)  

この一冊でお茶を濁す(3月6日、月)

朝一番、生田小学校へ自転車で出かける。
天気予報だと朝から雨かもということだったが、降っていなかったので。
3月この学校では今年度最終の朝読みだ。

1年1組の皆さんが今朝は校門前で登校して来る児童に挨拶をしている。
挨拶して校長室で待機。
8時半1年1組の教室に招き入る。
去年の4月初めて会いまみえた時と比べると皆大きく成長して、挨拶もより大声で迎えてくれた。
こちとらが読んだのは「こすずめのぼうけん」。
飛び方を教えてもらったこすずめが、分もわきまえず限界を超えて飛んだ後の後事談だ。
スズメ以外の鳥の巣に休ませてもらおうと思っても休ませてもらえず、
最後に親スズメに助けられたという話。

本を持っている児童もいたり、前に訊いた児童もいたりした。
読み始めると早速あくびをこらえきれずにいる児もいたが、
熱心にこちとらの読みを訊いてくれたり、絵本に集中している児もいる。
総じておとなしく、登場する鳥の動静を楽しげに見ていてくれた。
最後には1年間ありがとうとみんなで声をそろえて言ってくれた。
嬉しいの一言だ。
c0147935_21194721.jpg
午後は雨の中菅小学校へ。
児童保育、わくわくクラブの教室へ。
50人近くの児童を前に、午前と同じ「こすずめのぼうけん」を読む。
知っている児童がかなりいたが、聴いてもらうことに。
午前よりは一層抑揚をつけ詠んだ。
こすずめの決まり文句が受けた感じ。
皆良く聴いてくれていた。
終ったところで、スタッフさんが「大盛り上がりでしたよ」と声をかけてくれた。

あなじ絵本を使って、両方の会場でよく聞いてもらえたので大満足。

c0147935_21224482.jpg

c0147935_21245477.jpg

c0147935_21225922.jpg農業用水際の法面の桜、たぶん河津桜火、満開だ。
薬師様の脇にある桜、1本きりの緋寒桜も満開。
庭の紫色のクリスマスローズ、開花している。

夕方整形外科へ。

万歩計 9130歩

by mmmbokuten | 2017-03-06 21:31 | 絵本読み聞かせ | Comments(0)  

会議と練習(3月1日、水)

こちとらの属している、
りぷりんと・かわさきの月例会。
新入会員も加えた多摩プラの会議室で初めての会。
開会時には部屋はパンパン。

コーチ陣も話が長くなったり
新入会員に説明する時間が多くなったりした結果
会議時間がオーバーする始末だ。

午後はこのグループの10周年記念行事に発表する
こちとらの同期のパーホーマンスの練習が生田出張所である。

c0147935_19561981.jpg途中のガストで昼ご飯を摂る。
昼時間とあって注文してから出てくるまでに時間がかかった。
マグロのたたき丼を注文。
いま中毒で話題になっている刻みのりが乗っているので
恐る恐る食べる。そのためか?





練習場に遅刻してしまった。
出し物は「ライオンのしごと」。
キャステングについては女性群はすでにリーダーから連絡済。
こちとらは今回連絡される。
読み合わせをしながら、具合の悪い所は、
読み方を変えたり、キャステングを替えたりしながら、
みんなで意見を出しながら、作り上げていく。

次回の練習までに読み込んでくることを宿題にして散会。
それでもなんだかんだと3時間弱はかかった。

その足で読売ランド前駅の高山医院に予約時間よりはかなり早かったが寄った。
いつもの運動療法を受けて帰宅。

移動は全部自転車。でも距離は全然稼いでない。

万歩計 5685歩

by mmmbokuten | 2017-03-01 21:01 | 絵本読み聞かせ | Comments(0)  

盛り上がった本も(2月9日、午前)

c0147935_19082261.jpg 小雪、小雨の降る中相方さんにアッシー君になってもらってよみうりランド前    駅まで送ってもらうつもりで家を出た。
 ところが8時半前後だ駅までの道路は駅を前にして渋滞気味。
 途中の女子大前で下してもらう。
 駅まで歩き跨線橋を渡って、駅から丘の上にある生田保育園まで歩く。
 この駅前の丘の上には大邸宅が並んで立っている。
 当然庭もそれぞれ広い。
 今は梅の花が真っ盛り。
 あちらの庭こちらの庭に沢山目に付く。
 花が咲いているからこそ目立つのだろう。


本日の担当者、Sさん、Wさんと一緒に保育園に入場。
本日は4歳児が対象に読む。
こちとらが読んだのは「ともだちになっちゃった」。
さんぽのすきな戌のコロちゃんがさんぽのとちゅうで遭遇したボールが、
てんとうむしに変わってしまってともだちになるというふしぎなはなし。
ボールの次ははっぱにあう。これが何に変化するか。園児が変化するものを先読み。
葉っぱの次は風船、雲、ぼうし、カバンが出てくる。
これらをページをめくる前に変化するするものを当ててもらうように読む。
園児が思いつくものをつぎつぎに口にする。結構盛り上がる。
これが結構当たっているのには驚く。
一番お驚きはカバンがロボットに変化するのを当てた園児がいたことだ。
みんなに楽しんでもらえた本を持ってこれて満足。
もう一冊読ませてもらったのは「おおきくなるっていうことは」
おおきくなるとどうなるか、例えばようふくがちいさくなるってこと、はがはえるということ。
園児にいまと絵本の中の現象と比べてもらって、イエス、ノーを訊いたりしながら読み進む。
最後に
おおきくなることで自分より小さな人が多くなる。その人に対してやさしくしてねというのが結論?
今日は4歳児クラス、この4月で5歳児クラスに、園最高年齢になる。
園長さんからは「いい選書でした」とお褒めの言葉を頂いた。

c0147935_19551367.jpg
c0147935_19564777.jpg
10時半からは錦が丘こども文かセンターへ場所をかえる。
ここは幼児が対象。
この会場にはこの2月わがグループに入会した二人の新人が見学に来ていた。
我らは旧人4人。途中で親子3組になったが、最初は2組だけ。
こちとらが読んだのは「あったあった」「おててがでたよ」
「お手手が出たよ」は初めの方で読んだので二組の親子両方とも絵本を目を皿のようにして静かに見ていてくれた。
最初は静かに聴いていてくれた男の児も15分も経つと、おかあさんの膝から離れて動き出して大きな声も出す。あかちゃんだからしょうがない。静かに聞いてくれた時間に感謝する。
後から遅れて入ってきた女の子は久しぶりだが前から本好きの児。
男の児が騒いでいても話し手の話を大きなまあるい目を一層丸くして聴いてくれている。
こういう子もいるのであかちゃん相手の読み聞かせも楽しい。

わ我ら旧人4人で親子3組に応対する。
内一組の親子は久しぶりだ。
  

by mmmbokuten | 2017-02-09 20:33 | 絵本読み聞かせ | Comments(0)