カテゴリ:健康( 6 )

 

定期健康診断(7月4日、火)

国民健康保険事業の一つ
「健康診断」の予定がある。
胃カメラを申し込んでもいた。
午前中を希望すれば8月末まで持たなければならないので
午後で最も早い今日になった。
したがって朝ご飯は軽めにして、昼食は抜いてクリニックへ。

血圧をはじめに計測して、検尿、血液検査、レントゲン撮影
心電図、身長、体重、はらまわりを計測して最後に胃カメラ。
すべての診断結果がすぐに出てドクターが告げてくれた。
特に本日の検査結果は「良」と。
c0147935_22304914.jpg
胃の中もきれいなもんでしたと。
当面安心して暮らせるはずだ。

午前中はテニスのお誘いもあったが
卓球をすることにした。
この火曜日できないと硬式ボールの卓球を1週間できないのを避けるためだ。
スポセンでいつもの仲間と。
途中でエアコンで体育館の気温が下がったが
2時間動いたのでシャツはびしょびしょだ。

万歩計 11023歩

by mmmbokuten | 2017-07-04 20:45 | 健康 | Comments(0)  

特定健診(8月10日、水)

年1回の川崎市の国民年金加入者の特定健診を予約してある日だ。
この健診案内が来てすぐ申し込んでも、結構混んでいて予約が後ずれになる。
今回も申し込んでから予約日は50日後だ。

近間のかかりつけ医の土井医院に予約時間より20分前に行ったが、
午後の診察は3時からとあって玄関が開いてなかった。
間もなく開いて健診が始まる。

願いした健診項目は
問診、身体計測、身体診察、血圧測定、血液検査と尿検査が必須だ。
オプションで肺がん検診、胃がん健診、大腸がん検診、心電図検査がある。
肺がん検診はレントゲン撮影で、胃がん健診は内視鏡で、大腸がん検診は免疫便潜血検査で。
外部機関に依頼する血液検査と便潜血検査は後日報告を受けるが、
それ以外はすべて結果が先生から告げられた。
「本日判明した結果はすべて異常なし」とのご託宣だ。

前年のこの健診が前立腺がん治療の契機になった。
今年は血液検査と大腸がん検査の結果がまだだが、
大病院へ行く可能性は少なくなったような気がする。
嬉しい。

午前中は早々に相方さんは新橋演舞場へミュージカル「狸御殿」を見に出かかた。
こちとらは留守番だ。
家にいてTVと読書。
TVはオリンピックのライブ「卓球男子準々決勝」を楽しむ。水谷選手快勝だ。
見ていて気分がいい。
読書は「酔いどれ小藤次シリーズ」


午後健診があるので昼食も食べられずにいこいの家へ。
分解寸前の卓球グループの存続のため短時間でも参加しなければと。
今日はこちとらを入れて集まったのは5人。
風前の灯という状況だ。
1時間ほどゲームをして、健診のため早引け。

健診後多少小腹を満たして、
夕方、回覧絵本を袋に入れて自転車で次の回覧先の府中県道ぞいのMさん宅へ。
帰ろうとすると大粒の雨が落ち始めた。雷鳴もとどろき始めた。
家に着いた時はシャツはびしょびしょ。
この雨のおかげで気温はぐっと下がる。
ありがたい。

万歩計 7595歩

by mmmbokuten | 2016-08-10 21:35 | 健康 | Comments(0)  

頭痛と高体温は続く(8月16日、日)

夜通し首から上を冷やし続けたが、朝体温を測れば
38度未満であるが37度を越えている。

この体調では明日からの白馬三山行きは諦めるしかない。
相方さんは昨夜から行くのは無理と言い張っていたので、
月曜日の朝にでも体調が戻っていればこちとらは行きたい気持ちでいたのだが。

宿屋、山小屋のキャンセルの事もあるので、リーダーに明日朝断るのも、
申し訳ないと思い、キャンセルの連絡をした。
明日の麓の宿だけでも来ないかと言われたが、心を鬼にしていけないと告げる。

38度異常の熱が出た場合には病院に連絡を入れろとの指示があったが、
今日は日曜日、外来の受付はない。

しょうがない、解熱剤を飲んで、首上を冷やして家で静かにしているしかない。
本を読む気にもなれないので、相手はTVだけ。

高校野球があって暇を持て余すことが無いのが助かる。

薬を飲んだり冷やしたりしたが平熱に戻ることはなかった。
でもなんとなくいい方向には向かっている感じがした。
冷やす部署を少なくして寝る。
不思議に思うのは、こんなに動かなくても寝られるという事。
日中動き回って体を疲れさせても寝付けないことがままあるというのに。

by mmmbokuten | 2015-08-16 19:39 | 健康 | Comments(0)  

予定より早めに病院を出る(8月12日、水)

6時起床という決まりには成ってはいるが 、
その5時過ぎには外が明るくなったてしまうので6時前には全員ごそごそしだした・
こちとらもそのれ外ではない。

持ってきた単行本は昨夜のうちに読み終えてしまったので、
食事時間の7時半までやることが無い。

しょうがないのでヤン効本をはじめから読み始めた。
7時半食事が運ばれる。120グラムの白飯とみそ汁、野菜の煮物2鉢とヤクルト。
すぐに終える。

それから退院前の抗生剤の点滴。
30分強で終える。これで一連の生体検査に伴う処置は終わりだ。

生体検査の結果は24日に言い渡される。私のPSAの値だと統計的には43%がんとのこと。
腹積もりをしておこう。

病院の看護師さんはじめスタッフの皆さん、非常に細かい所まで気を配っていただいて気分よく病院を後にできた。予定の10時よりも45分も早く。

昨日ベッドの上に長時間いたせいか、去年秋捻挫した右足首がおかしい。
運動不足のせいだろうと推測して最寄駅の南多摩まで歩く。
つでに下車駅から自宅までもあるいた。
途中で駅前の図書館に寄って予約本を借りたり、
週刊誌を1冊ななめよみをした。

午後検査後なので多少臆するところもあったが
いこいの家に卓球をしに。運動不足を補うためだ。

万歩計11323歩

by mmmbokuten | 2015-08-12 20:28 | 健康 | Comments(0)  

生体検査へ(8月11日、火)

前立腺の生体検査へ稲城病院へ、相方さと車で向かう。
駐車場が混んでいる。立体駐車場の4階まで行かないと止めることができなかった。

入院手続きをして病棟へ。検査予定時間は12時半。
ナースステーションで身長、体重の検査。
それから病室へ、希望通り4人の大部屋に落ち着く。
まだ検査時間まで2時間以上。何とも手持ちぶたさで落ち着かない。
検査の始まる直前に検温と血圧測定。
36度5分と血圧は144と91、普段より高い。


予定時間より多少遅れて第2手術室へ
麻酔の説明を受け、各種モニターを腕に指に。
麻酔は静脈麻酔。
手術台のうえに仰向けに、両足を上に上げられ、開脚。
まるで出産時の女性の姿だ。
手術室で覚えていたのはここまで。

前立腺から針で12、3か所組織を採ったようだ。

気が付けば酸素マスクを口に腕には点滴チューブが。
気が付いてからはただひたすらベッドに横たわるだけ。
5時半食事その前に酸素マスクは外されるが点滴は続く。
食事後先生が来て尿は出たか」と訊く、「まだ出していない」と答え
早速トイレへ。出た予想通り出初めに血が出る。これは普通の事と言われる。
その後の尿に血が混じることはなかった。

その後点滴に抗生剤を混ぜる。抗生剤は早めに吸入するが点滴は8時までの長丁場だった。

9時消灯。みなさん早々に寝息を立てる。こちとらはこんな意早い時間に寝たことはないなかなk寝付けなかった。

万歩計 1227歩

by mmmbokuten | 2015-08-11 21:09 | 健康 | Comments(0)  

こんなに検査 ?(8月3日、月)

マストのマストの予定は稲城病院へ行くことだ。
来週の生体検査を受けるかどうかの返事をしに行かなくてはならない。
9時予約だ。

相方さんお原付バイクを借りて向かう。
大分早すぎた。
泌尿器科の受付に診察カードを入れるのは8時半から。
そして診察は9時からだ。
c0147935_9192050.jpg
早すぎたと言ってもすでに10人以上が受け付け待ちだ。
呼び出されてから先ず尿を採ってきなさいとのこと。
大分時間が空いて残尿検査だ。
これは前回頂いた予約票に
診察前に受けるように掻いてはあった。
残尿検査とはどういうものか、気がかりであったが
臍の下あたりからエコーで膀胱内の尿の残量をを調べることで恥部をオープンにはしないで済んだ。

やっと診察だ。生体検査をするかどうか、ドクターから確認された。
異常値が出ているのだからガンかどうかを調べない訳にはいかない。
お願いしますと言った。
ドクターはその返事をうけて、パソコンにインプットして必要な書面と説明所をアウトプットしていた。
その間にPSAが増える要因、減らす要因の記載してある書面を見せてくれた。
増える要因の中に「サイクリング」があった。
こちとらの数値が増えたのはこれだ。と何となく納得。

いずれにせよ生体検査を受けることにしたので
その準備という事で検査に回された。
採血、先週より採る量が多い。そしてレントゲン撮影、胸部と腹部。
さらに心電図、と肺活量。

これが終わったところで看護師さんから入院説明。

早く終えれば遊水池のテニスの参加しようと思っていたが
家に戻ったのは11時半。これでは遊べない。

午後は家にずっと言うことになった。絵本を読んだり
久し振りにハーモニカを吹いたり。
これで時間は間違いなく進んだ。

万歩計 5803歩

by mmmbokuten | 2015-08-03 20:57 | 健康 | Comments(0)