運動たっぷり(10月10日、火)

朝から快晴。秋らしい青空だ。
だいぶ暑くなるとの予報だが。

午前中はスポーツセンター大体育室で卓球。
わが仲間10人以上が集まって
ラリーとゲームで楽しむ。だいぶ室内の音頭もあがってきた。
シャツがびしょびしょだ。
少々早引けする。
c0147935_20305066.jpg
正午からはスポーツセンターBコートで、ライン仲間の6人でテニス。
男性はこちとらだけ。
大分気温も上がってきた。
頑張って2時間、個体でゲームを楽しむ。

2時からは隣のコートに移ってテニス教室。
1時間半。
朝から動きづめで少々エネルギー切れ。

教室を終えて今度はポールを持って駅前の図書館までノルデックウオークだ。
今週末の読み聞かせ用絵本を借りに。
図書館の係りの人にノルデックウオークの感想を求められた。
「姿勢が良くなっていいですよ」と答えた。

良く動いた一日となった。

万歩計 19349歩

# by mmmbokuten | 2017-10-10 21:17 | その他 | Comments(0)  

メインロックをきれいに(10月9日、月)

c0147935_23364563.jpg
c0147935_23403365.jpg
昨日は桜周りのロックがつた類に覆われていたのに注目して、岩が露出して見えるよう取り除いた。
今日改めてみると昨日は気が付かなかったが、桜の木の下のロックが草ぼうぼうに覆われているではないか。
この岩こそロックガーデンの真ん中に位置取りしている、メインロックでもあるにもかかわらず。
大分割れ目が入っているが、それこそこの岩の存在を大きくしている物ともいえます。
割れ目から這い出して岩全体を覆っていたつた類を剥がし取りました。
その作業をしている時はまるで遺跡の発掘作業をしているようにも思えました。
全体が見えてきました。
サツキの家来を従えた王さまのように見えます。


お隣さんとの境界の法面がやぶこうじがのさばっていて
その下に数年来の落ち葉がたまっていたりしたので熊手を使って落ち葉を掬いだす。
下の土が見えるようになるときれい感増します。

c0147935_23365343.jpg
c0147935_23365774.jpg

今庭で咲いている花らしい花といったらこのエンジェルトランペット。
ピンクと白い花が競い合っている。
その花を背に山小屋の留守番をしているのがこの呑兵衛タヌキ。
きちんと役割を果たしてくれている。
c0147935_23381022.jpg
どうだんつつじもちょっと色づいてきた。秋を感じさせてくれる。

7時過ぎ小屋を出て、自宅に向かう。
3時間かけての帰還だ。

万歩計 7248歩

# by mmmbokuten | 2017-10-09 23:41 | 山小屋 | Comments(0)  

ロックガーデンに戻す(10月8日、日)

朝はまず洗面所の蛇口のパッキングの交換する。

次に小屋の前の道路の側溝の落ち葉を掃除をする。

庭に下りる。
c0147935_20362786.jpg
サフランもどきがきれいに咲いている。


c0147935_20362387.jpg

隣との境の法面の溶岩がつたで覆われている。
ロックガーデンが何時のまにか、その趣がそこなわていた。
その覆っているつた類を取り除く。
趣を多少なりとも取り戻すことができた。

この写真は桜直下のつたを除いてきれいになった所。
c0147935_20363322.jpg
柿の木が3本あるが、実がだいぶ赤くなってきた。
食べごろ派もすぐ先か。

万歩計3688歩

# by mmmbokuten | 2017-10-08 21:12 | 山小屋 | Comments(0)  

犬も歩けば棒に(10月7日、土)

山行の疲れが残ったのか朝はゆっくり起きる。
朝ご飯もゆっくり摂る。
相方さんはいこいの家へ囲碁教室。
こちとら一人で、山行のブログを書いたり、洗濯物を干したりしていると正午になってしまった。
c0147935_21023795.jpg

久し振りにこちとらもいこいの家へ。
途中の遊歩道の植え込みには猫じゃらしが群生している。
小さいころ、この草で遊んだのを思い出す。
いこいの家には
ラージボールの卓球で遊びたいために行くのだ。
集まったのは
メンバーは5人だけ。
エアコンの効かした部屋でボールを追う。
結構汗を掻く。
それだけ体を動かしたという事か。

3時半に終えて家に帰る。
途中でキャップを忘れたことに気が付きいこいの家へもどることに。
戻る途中で祭囃子が聞こえる。
帽子を取って祭囃子の聞こえる方角に向かう。

c0147935_21000445.jpg

c0147935_21001626.jpg
なんと山車と神輿が見える。
そうだ今日明日は子の神社のお祭りだ。
山車の上では若い女性が笛鵜を吹き太鼓を叩いている。
神輿はなんと女性陣が担いでいる。
ただ寂しいのは観客がほとんどいなく、囃し手と担ぎ手だけが目立つ。

それでも神輿付の祭礼をやれるだけでも底力がこの地域に残っているという事かも。
キャップを忘れたおかげで良いものに遭遇することができた。

c0147935_21071451.jpg
いこいの家の前の道のはなみずき、大分紅葉が進んでいる。

万歩計 10272歩

# by mmmbokuten | 2017-10-07 21:09 | その他 | Comments(0)  

できればラケットを(10月6日、金)

朝起きて先ずは旅館の内湯の温泉で朝湯だ。
露店に行けばもっと気分がいいのだろうが風邪を引いたら元も子もない。

食事は昨日の夕食と比べるとちょっとノーマルか。
それでもビールを仲間みんなで飲んでいい気分になる。

特に赤倉温泉で何かする予定もないので、とりあえず帰ることに。
列車の時間を訊けば9時7分、次は10時35分ということ。
食事を終えて8時半。
速い列車で帰ろうという事に。
ところが駅行きのバスは9時13分。
これでは間に合わない。
おかみに頼み込んでマイカーで送ってもらうことなった。

長野駅には10時前に着くことができた。
仲間の内から時間はたっぷりある、長野駅近辺で反省会をしようという事になった。
ところがお酒を供するお店はどこも11時から。
1時間も待ってられない、コヒーで反省会をする。
反省会といっても来年どうするかのめどを話すだけ。
なんとなくやることは決まって反省会は終了。

こちとらは午後4時からテニスの予定を入れてある。
ところが今日の天気予報では夕方から雨と来ている
この時間からのテニスは無理かもしれない。
ところが2時からもコートの予約ができているという情報がLINEではいって来た。
早く帰れればこの時間からのテニスなら雨の降る前にできるかもしれない。

11時の新幹線に乗ることができた。
車中で駅で買った信州幕の内弁当を食べる。
栗ご飯と茸ごはん美味しかった。

家に戻ったのが1時半。
着替えてテニスコートへ。
悠々2時前には着けた。
c0147935_18091024.jpg
天気予報通り、霧雨が落ちてきた。
出来るうちはゲームをすることに。
どた参のこちとらを入れて顔なじみの8人。
ボールは水分を吸って多少重くはなるものの楽しくあそぶ。
だがさすがに後半の最後は雨がだいぶ強くなって早めに切り上げざるを得なかった。
週初めにラケットを握ってはいたが、週末にも握れてなんとなくうれしい。

万歩計 10054歩

# by mmmbokuten | 2017-10-06 17:30 | その他 | Comments(0)  

目的地変更・火打ち山へ(10月5日、木)

c0147935_21360743.jpg
今朝の食事は中華丼。
ここの山小屋の食事はご飯の上に具をかけるものしか出ないのか。
美味しく頂いて山へ。

目的地は妙高山だが、
鎖場があって両手で鎖を掴みながら登る必要がある。
我らが仲間のHさん肩の腱膜の手術をして無理は禁物と医者から言われている。

目的地を妙高山から火打ち山に変更する。
小屋を出てみれば昨夜の降雪の跡が残っている。
思ったほど寒くは無い。天気も上々。
小屋の前から高谷池越しに火打ち山がくっきりと見える。

6時半過ぎ出発、
高谷池のふち沿いの霜か行き雪か判然としないが白い木道を進む。
目を巡らせればいまいちだが紅葉で彩られた景色がある。
少し高度を上げれば次は天狗の庭だ。
茶色がかった池塘の模様むこうには屏風のような小高い丘が。
そこには岩がにょきにょきと林立している。
何か天狗が出てくるようなこのたたずまいが素晴らしい。

天狗の庭を過ぎると本格的な登りに入る。
稜線に出れば色づいたナナカマドが主役。
さらに昨日の天候で発生したか、
葉を起こした木の枝に霧氷がついている。
朝日にその霧氷がキラキラと輝いている。

さらに高度を上げればその霧氷がはえまつの枝にぎっしりとついている。
その圷末が登山道にせり出している。
霧氷を払いながら進む。
c0147935_21454174.jpg
小屋を出発して2時間半やっと火打ち山山頂に立つことができた。
嬉しいのはここまで大きなアップダウンの無い登山道。
殆ど上り一方、強弱の上りの繰り返しだ。
それでも
ガイドブックのコースタイムより1時間オーバー。
やはりシニアの集団、やむを得ない。

山頂からの眺望は360度はっきりと見える。
西を見れば雲海の上に白馬岳から槍が岳の北アルプス。
さらに木曽御嶽山、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳見える。
青く光る日本海も、糸魚川の町も見える。

記念写真を撮って同じ道を下がって高谷池ヒュッテまで下りる。

ヒュッテ前で昼休憩。

30分ほど休んで次の目的地は黒沢池ヒュッテだ。
背の低い熊笹などで囲まれた道を登ると先に妙高山が見える。
あそこが登るはずだった山と多少未練げに見上げる。
さらに進み茶臼山の頂上を脇にする。
下山し始めると眼下に黒沢池が。
色づいた池塘とその周りの紅葉した樹木。
まさに自然の大庭園だ。

黒沢池ヒョッテ前で休憩。
ここで小屋関係者にこちらの想定している帰り妙高山を巻くコースを確認する。
訊けばその道、崩れていて今年そのコースを使った人はいないという。

諦めてこのヒュッテから直接富士見平へ出て、昨日登ってきた
コースを下りる。

笹ヶ峰に着いたのは5時になってしまった。
ここから呼んでおいたタクシーに乗って赤倉温泉へ。

温泉旅館「きよし」では温泉、食事、カラオケを楽しんで床に就く。

万歩計 27695歩

# by mmmbokuten | 2017-10-05 20:04 | 山登り | Comments(0)  

妙高山へ(10月4日、水)

今日から2泊3日の予定で山登りだ。

メンバーはナマステ仲間、男性3人と女性2人の5人。

去年は常念岳に登った仲間だ。

今年は妙高山を女性のKさんがメンバーの事情に合わせて選んだのだ。

7時過ぎ最寄駅稲田堤から電車に乗って大宮駅へ。

ここで新幹線に乗り換える。

こちとらの通路側の指定席に人がいる。

自分は隣の席に座っている人と二人ずれなので後ろの3人席のまん中とかわってくれと。

すぐさま「NO]と拒否。

高崎駅を過ぎたら今度は同じ列の窓側の人が電話連絡がたびたびあるので席を変えて欲しいと。

これまた拒否。

こちらにだって通路を指定したわけがあるのだから。

長野駅で信濃鉄道に乗り換えだ。

ホーム上の乗り換え口にある券売機1000円以下の通貨しか使えない。

しょうがない改札口を出る。

10000円札でも使える券売機前にはで東京組2人に出会う。

集合場所の妙高高原駅までの切符を買う。

ホームに入れば京都から、駒ヶ根からの二人と合流。

この2人このホームの立ち食いそばを賞味済とか。

時間通り駅に着く。

まずは笹ガ峰登山口へ。

バスは一日3台、素手の午前の2台は出発済。午後は1時過ぎ、待ってられない。

タクシーも出払っている。

電話で予約と思えばベルは鳴れども出てくれない。

駅前を見渡せばそのタクシー会社目の前だ

直談判に出かける。

10分ほどで車が到着。

後ろのシートを倒して5人乗りだ。

5人乗ればバスより安そうだ。

笹ヶ峰放牧場を左に見てればちょっと走って登山口だ。
駅からは40分程度か。

北に向うにつれ天気が悪くなってきて嫌な予感がしていたが霧雨がおちてきた。

先ずは腹ごしらえと持参の弁当を食る。
12時半、合羽を着て登り始める。

樹林帯の中の緩やかな道を、それも木道部分が多く靴を汚さずに進める。

周りを見れば紅葉の木々を見て楽しめるのだろうが

こちとらは目の先は足元ばかり、楽しむどころではない。
でも嬉しいのは登り始めが緩斜面続きで体慣らしにはベストだ。
コースタイム1時間の所15分ほど多く掛けて黒沢の出会いに。
ここに来るまでに下りてくる5年生の女子小学生の遠足の5グループと交差。
ミッションスクールの児童のような上品な子ばかり、きれいなウエアを身に付け疲れを感じさせずの降りていた。ちょっと元気をもらった感じだ。

黒沢の出会いを過ぎると本格テクな山登りが始まった。
十二曲りという曲がりくねりながら大きな岩を越えたりして登って行く。
段差が大きい場所は時間をかけて慎重に登る。

c0147935_21175222.jpg
登り始めた時よりも赤く染まった木が多くみられるようになった。
次のポイントは富士見平。コースタイムは一時間半と書いてあるが
なかなか近づかない。時間はどんどん過ぎていく。
シニアだ。しょうがない45分増しで富士見平に着く。
ここは高谷池と黒沢池の分岐点。
ちょっと一休み。

ああとは一気にヒュッテまでと意気込む。
嬉しいことにここからはほんの少し登るところはあるものの
基本下り坂だ。
c0147935_21205411.jpg
ただ道がぬかるんでいるので汚れないよう足運びをする。
紅葉に見とれて歩いて下を見てないと大変なことになる。
紅葉した木木のの間から三角屋根の小屋が見えだした。
一安心。
c0147935_21241785.jpg

でもまた樹木に隠れたりするので思ったほど早くはつかなかった。
フロントもなかなかわかりずらい。
足元が泥で汚れている人は雨合羽のを脱いで小屋に入る。

昔ながらの山小屋。2階20番から24番が我らが寝場所。
2段式なので1階の我ら、頭をぶつけないよう細心の注意を払う。

食事はハヤシライスとカレーライス。
食べられるだけ各自自由に自分で盛り付ける。

ラッキョウと福神漬けも自分で取る。
簡単な食事だ。
食事用テーブルは極端に低い、ちゃぶ台の高さにも及ばない。
食事時の宿泊客の入れ替えを早くするための工夫か。
大いびきをかく人もいなかったので、比較的簡単に眠りに就くことができた。

万歩計 17780歩


# by mmmbokuten | 2017-10-04 11:51 | 山登り | Comments(0)  

雨が降ってなければ(10月3日、火)

c0147935_20442708.jpg
朝多少雨が残っていたが、傘を差さずに隣のスポセンへ。
自由卓球の日なので、いつもの台を確保するため早めに出かける。
思惑通り台を確保。
10数人の仲間とラリーとゲーム。
結構激しい動きを要求されるのでシャツに汗がまとわりつく。
ここで一区切りと、家に帰る。

2時からはテニス教室。
青空が広がってきてまるで夏に似た暑い陽気だ。
生徒は16人。コーチは2人。
適当な人数での教室だ。
楽しく遊ぶ。

4時過ぎ駅前の歯医者さんへ。
ノルデックウオークで往復。
昨日に続いてのポールを使ったウオークだ。
無料で頂いたポール、まずまずのお返し状態だ。

万歩計 17472歩

# by mmmbokuten | 2017-10-03 20:54 | その他 | Comments(0)  

ラケット・ポールを手にできた(10月2日、月)

c0147935_20344473.jpg

先週水曜日の夕暮れ前の暗くなる時間にテニスのラケットを持って以来しばらく握ってなかった。

12時、隣のスポセンコートでボールを打つことができた。





c0147935_20344003.jpg

今日は女性4人、男性2人の計6人。女性4人のうち1人、Yさんは3か月ぶりの登場だ。
白内障の手術を終えての復帰だ。
そのYさん栗の渋皮煮を持って来てくれた。
料理の腕も鈍ってない。相変わらず美味しく仕上がっている。
生まれて初めてのものを口にする。甘さも加減も丁度いい。

今日も組み合わせを替えながらのゲーム。
楽しく体を動かすことができた。


c0147935_20344917.jpg

テニスを終えて家に戻るも、シャツに汗がへばりついている。
それなら続いてウオーキングへ行くことに。
どうせ汗を掻くのだから。
ノルデックウオーク用のポールを持って。

コースは自然遊歩道を絡めて緑地保存地区の女子大フェンス沿いを。

2時過ぎだが誰とも会うことも無かった。
菅高校の下校時間とも少しずれていたからかもしれない。
良い土の道を独り占めだ。



テニスとウオーキングをしたら少々疲れが出てTVの前でうとうと。

c0147935_20343296.jpg

今日は月初めに月曜日。
生田小学校の絵本朝読みの日だ。
自転車に乗って出かける。
丘の上の小学校。
途中坂道、自転車に乗ったままで、丘を登り切れるか。
登れた。体力はまあまあと一安心。

読んだ絵本は「やまのごちそう どんぐりの木」だ。
どんぐりの木の一年とどんぐりと人間・動物とのかかわりを描いた本だ。
絵が優しく描かれているのを見てもらいたいのと
身近な里山に関心を持ってもらいたいので選んだ理由だ。

読みながら児童の顔などを見てみると、特に感情をあらわにすることも無く、
いつものように静かに行儀よく聞いてくれていた。
もう少し表情に心の内を出してもらいたいところなのだが。

万歩計 8748歩(テニス時の歩数を除く)


# by mmmbokuten | 2017-10-02 20:40 | Comments(0)  

草取り2(10月1日、日)

c0147935_21172404.jpg
c0147935_21172051.jpg
今庭に咲いている花はこれくらい。

日曜日の朝のTV定番組を見て庭に降りる。
昨日の続きで下の旧芝生の草取りをする。
それも手で抜いて。
半日かけて。
この程度きれいになる。
c0147935_21170496.jpg
c0147935_21165895.jpg
午後は明日の絵本読み聞かせが気になりだした。
草を取りながらテレコで録音した流し聴きをしていたが
やはり自分で声を出して練習が必要だ。
反復練習をする。

夕方「笑点」を見終えて居酒屋「田はら」さんへ。
今夜は普段休みの日曜日に「お客さんサービスデー」にして、
2000円で飲み放題、食べ放題、歌い放題にするのでこちとらにも一昨日声をかけられた。
6時すぎにお店のドアを開ければもう満席。
自覚に帰る予定なので席が空くまで待っているわけにも行けない。
7時過ぎに帰宅の途に。3時間かかって戻る。


万歩計 7150歩




# by mmmbokuten | 2017-10-01 21:12 | Comments(0)