都内を歩く(11月8日)

お世話をいただいているお寺の報恩講という集いに出かける。
お寺は王子にある。
10時に家を出る。

講話を聴くためにはこの時間に出なければならない。
女性僧侶による講話だ。
「林住期を生きる」というタイトルで話がされた。
預かった生をどのように生きて返すべきかという分かったような分からないような難しいお話であった。

このお話を聞き終わったところで中座してお寺を後にした。

せっかく東京に出てきたのだから都内を歩いて10,000歩を確保しよう思いついた。
それでは古河庭園に寄って帰る計画にした。
飛鳥山から駒込のルートを想定して歩き始めた。

飛鳥山には大きなカメラを肩にした中高年が多く見られた。
c0147935_20432371.jpg

若い女性をモデルにした撮影会が開催されているからのようだ
家族連れもたくさん遊んでいた。

飛鳥山にある博物館3館のうち渋沢史料館に今日が渋沢栄一の命日のため無料で入館できた。
先ずは栄一翁の葬儀の昭和6年の記録映画をみた。その壮大さに驚いてしまった。
つぎに2次大戦で戦災を免れた青淵文庫を学芸員の解説付きで見学し更に晩香ろを見学した。
c0147935_2044131.jpg


c0147935_20445085.jpg
さらに史料館に戻って翁の人生の解説展示をじっくり見て勉強させてもらった。

史料館をあとに西ヶ原に一里塚、古河庭園前を通って駒込駅に出た。
なんとなく疲れてしまっていたこともあって古川庭園の見学は次回としたことは言うまでもない。

万歩計 16,801歩

by mmmbokuten | 2009-11-08 20:47 | ウオーキング | Comments(0)  

<< 運動量は適当(11月9日) いこいの家文化祭(11月7日) >>