足を延ばせば(12月2日、金)

午後、風はないし、太陽も顔を出している。
気温もそんなに低くない。
外に出るには絶好のお日和だ。

自転車に散歩に出ることにする。
でる先はいつものように多摩サイだ。

多摩川橋手前を北上、是政橋を渡って左岸を上流に向かう。
体重減らしが目的なので、走り出して1時間の所で引き返す予定。

日和が良いせいか、足が思いのほか軽く回る。
17キロ走ったところでまだ1時間に達してない。それでは先へと進む。
多摩大橋手前まで来た。
ここで時間は予定の1時間。お日和もいいのだからとまた前へ進む。
とうとう八高線と交差するところまで来た。
八高線をバックにスナップ写真と思うと太陽の位置関係で、
八高線を過ぎないとならなくなる。結局昭島市のおおかみ公園まで来てしまった。
c0147935_20165275.jpgc0147935_20172524.jpg

ここでまごまごしていたら3時になってしまった。
引き返すことに。
くじら公園を過ぎて、多摩大橋の手前にこんな看板が
c0147935_20213482.jpgc0147935_20224111.jpg
「多摩サイクリングロードが舗装でつながりました」と。
なるほど大橋をくぐってすぐに、土手にのぼる道ができている。
上ってみる。繋がっているところは一般道路ではあるが確かに舗装されてはいる。
今までの舗装されてない道を舗装してもよかったのではと思わないことも無い。
久し振りに足を延ばしてみると、変わったところに遭遇する。

国立折り返しあたりからサドルがおかしくなる。どんどん尾の部分が下がっ来る。
水平にしようと前の部分を押すのだが沈み込まない。
走りにくいたらありゃしない。先だって水平に保つようナットを十分締めたのだが。
欠陥商品か。フリーマーッケトで400円で買ったのだから文句は言えないか。
今後は工具持参でこの自転車に乗ろう。
何とか多摩川原橋手前で水平にしたが、それからはグニャグニャ。
だましだましして家にたどり着く。
メーターを見れば今日一日でも50キロ走ったことになっている。

朝一番でも自転車に乗った。その時のサドルに不具合は無かった。
不具合はタイヤだった。走り恥じてて10メートル進んだところで何か地からが入らないのに気が付いた。
見ればう後ろのタイヤの空気が抜けている。
パンクかなと思ったが空気が全部ぬけているわけではない。
ムシゴムかもと思って引っ張ってみれば大分いかれている。
早速新しいゴムを挿入して空気を入れた。大丈夫のようだ。

直した自転車で稲城病院へ向かう。
半年に1回になった放射線治療跡の触診。
先生が下腹部を手で触って診察するのだ。
「問題はありません、また半年後に」というご託宣。
会計を済ませると時間は10時15分。

これならテニス教室に間に合うかもと 大急ぎでペダルを漕ぐ。
ちょっと遅れたが参加することができた。
帰るのに精力を使ってしまったせいか、テニスは巧く出来なかった。
c0147935_2048118.jpg


万歩計 16629歩

by mmmbokuten | 2016-12-02 20:50 | その他 | Comments(0)  

<< メインイベントは忘年会(12月... 日本酒4合も(12月1日、木) >>