地域の神社仏閣参り(1月15日、日)

マストの予定は全くない。

テレビを見たり部屋の掃除をしたりしているとお昼になる。
相方さんはお友達に呼び出されてい亜無い。
万歩計1000歩代。

これではいかん。
散歩に出ることにした。
初参りを自宅近辺ではしていない。
出は出かけるかという気になる。

先ずは寿福寺から。
その途中にあるフルーツパーク、温室などが1棟無くなっている。
どうしたとお知らせを見れば農業試験場にふさわしいものに帰るようだ。
今まで見られた熱帯植物がもう見られなくなるのかもしれない。

寿福寺、いつも静かなお寺さんだが今日も参拝者と遭遇することはなかった。
c0147935_2016569.jpg
c0147935_20135861.jpg
池の大きな太った緋鯉は一段と深い穴にかたまっている。

ついで遊歩道コース沿いに穴澤神社を目ざす。
小沢城址脇から神社への降りる道際で、女性から「こんにちわ」との挨拶。
高い山で行き交う時の挨拶みたい。
こちらも挨拶を返す。

c0147935_2026268.jpg急な坂を下りて穴澤神社境内に入る。
参拝者がちらほら、多くはないが切れることはない程度に。
こちらの神社次イベント節分の知らせが掲示してある。
歳女で「芳本美代子さん」が豆をまくようだ。




三沢川沿いに下流域へ。
c0147935_20403131.jpg次が八雲神社だ。
造作はだいぶ見劣りはするが。
この神社も前の二つの神社仏閣に劣らず古く、鎌倉時代の創始という。
さらに先ほどの寿福寺の末寺と関係したとも。
近間であるだけにいろいろと関係があるものと感心してしまう。
境内にはどんど焼きの形跡が。
きっと午前中に焼いたのだろう。
ただ周りは住宅地。こじんまりとしたのだろう。

c0147935_20511621.jpg次が法泉寺。
普段山門が開いていることはないのだが、
お正月とあって開けているのだろう。
初めてお庭をみさせていただいた。





c0147935_20464227.jpgついで法泉寺の隣の丘の上にある子之神社へ。
参拝者はこちとら以外に犬を連れての方一人。
でもにぎやかだった、
お囃子が演奏されていたからだ。
笛を吹いているのは女性一人。
太鼓を叩いているのが男性5人。
演奏はなかなかレベルが高かった。
気分いい中でお参りする。
帰りは坂を下りる来るときは急な階段を上ってきたのだが。

ついで坂を下りたところの福昌寺。
禅宗の多いこの地域にあっては珍しく天台宗だ。
檀家さんが多いのか立派な会館も併設している。

c0147935_21103495.jpgc0147935_2111791.jpg次が玉林寺。
禅宗とあって枯山水の庭風に砂利に波模様が。
ちょっと見た目がいい。

c0147935_21175344.jpg最後が菅野薬師様。
ここは法泉寺の塔頭に一つという。
法泉寺の寺域が広かったのだろうか。

集中して自宅近辺の神社仏閣を3時間で回った。
ご利益はどうだろうか。

万歩計 11162歩

by mmmbokuten | 2017-01-15 21:21 | その他 | Comments(0)  

<< 生田小朝読み(1月16日、月) 先ずはリハビリへ(1月14日、土) >>