生田小朝読み(1月16日、月)

朝8時前に家を出て生田小学校へ向かう。
今年一番の寒さだ。自転車なので厚着をしていく。

今年この学校では初めての絵本の読み聞かせだ。
1年1組が担当。
去年までだと始まる前、廊下で時間まで待っていると
男の児が「はげ」とか「ぼうず」とかこちとらを見ながらからかってくるのに
今日はそんなことのそぶりも見せない。
お正月を過ぎたら礼儀正しい児童に変身したようだ。

c0147935_2091823.jpgこちとらが読んだのが、お正月にちなんで「はつゆめはひみつ」だ。
主人公九助が初夢を旦那さんにもお父さんにも絶対に言わなかったため、
鬼の居る島に島流しにあったものの、鬼の大王の宝物を,機智を働かせて奪取し、
死んでいた村の長者の娘を生き返らせ、結婚し幸せに暮らしたという話だ。
味噌は初夢を口外しなかったためしあわせになれたというところ。
初夢は人に言ってはいい話も粟に帰すという伝えがあるところを知っといてもらいたいもんだと読ませてもらった。

今までなら読んでページをめくるたびに児童が一言なにかしら発していたものが
今日は終始静かに聞いくれた。
特に少なくない児童が、特に女の子に多かったが、
初めから終わりまでしっかりと絵本に目を集中していた。
見る態度聞く態度に成長が見られうれしくなった。

読み始めと読み終えた時の挨拶もきちんとできるところにも成長ぶりがうかがえ
これまたうれしくなった。

by mmmbokuten | 2017-01-16 20:28 | 絵本読み聞かせ | Comments(0)  

<< 快晴だが北風が強い(1月16日、月) 地域の神社仏閣参り(1月15日、日) >>