えせウオーキング(1月20日)

 昨夜、薪ストーブの火持ちが良いように12時前に太い薪を2本くべておいたが、朝7時半ごろには既にすべて灰に成ってしまっていて、熾きで残っているどころの騒ぎではなかった。朝まで熾きが残るにはどうすればいいのだろうか。うちの小さなDW247では無理なのかな。朝まで暖かさが残っているのを期待して設置したストーブなのに。
朝は隣近所に煙でご迷惑をかけてはいけないこともあるので薪ストーブは焚かないことにしている。業務用灯油ストーブで室内をあたためることにした。さすがに業務用そこそこ暖かくなる。
天気予報は早くから曇天ということだが多少薄日がさしてきた。
昨日はあまり万歩計が進んでないので、ウオーキングに出かけることにした。相方の陶芸仲間の妹さんの別荘を探しに行くことにした。番地はメモしてあるが
何も下調べしないで、メモしてある番地と最寄バス停の名前「理想郷」とホテルの前の3点をキーワードに出かけた。
c0147935_17344293.jpg

c0147935_1735925.jpg

理想郷という名前が付いているバス停の横にあるパンや「ぶどうの実」に入ってとりあえずコーヒーを頂く。525円高いが美味しかった。20分ほど休憩して出る際住所を示してどのあたりかたずねる。その店は町名は同じ9丁目。探しているのは3丁目。観光地図を出して探してくれたが、町名・番地の記載もなくお手上げ、どの辺か皆目見当が付かないとの事。やむをえない。前回同じ店で尋ねたとき道を隔てて海側との話を聞いていたので、坂を下っていった。5分ぐらい歩いたところにある電信柱に「ここは何々」と、違う町名が書かれている。ぜんぜん違うということで来た道を逆戻り。バス停があった。名前は「理想郷東口」、西へ向かえば「理想郷」というバス停があるはずと大室山リフト乗り場に向かって歩く。バス停もいくつか過ぎたが「理想郷」という名前はいっこうに出てこない。そのうち「**2丁目」というバス停が出てくる。この近辺に違いないということで、わき道に入ってみる。3丁目が出てきた400番代だ、探しているのは600番台。400番台のお宅から出てきたご婦人に訪ねると、番地が入り組んでいて判りにくいところではっきりしないが先へ行くと番地は多くなる気がするとのこと。その情報を頼りに前進すると反対に若い番地になってくる。岡際を歩いているうちに先ほど歩いていたバス道に出た。またわき道に入っていくと運よくベランダにいる人がいた。たずねると600ばんちはバス道の向こう側で300メートル戻ったあたりと教えてくれた。なるほど600番地丁度のお宅があった。後はその一角を丁寧に見て回った。ついに発見。これでオリエンテーリング紛いのウオーキングは終了した。
教訓としてバス道をまたがっても同じ丁があるということだ。
結構2人で歩いたものだ。
 
万歩計 20,027歩

by mmmbokuten | 2008-01-20 17:32 | ウオーキング | Comments(0)  

<< さすが本職(1月22日) 薪割できず(1月19日) >>