2018年 03月 04日 ( 1 )

 

こんなに早く出たのに(3月4日、日)

c0147935_16492580.jpg
c0147935_16493206.jpg
2月3日に河津に行ったがまだ咲いてなかった。
桜の花を見ることができなかった。
捲土重来と河津の桜を見に行くことにした。
昨日出かけた人に寄れば川沿いの桜並木下は見物客が多くて歩くのもままならなかったとのことだった。
歩くのもままならないのは困ると
7時半に家を出た。
河津までは順調に走って30分で着いた。

駅前を通って北上する。
駐車をどこにするか。
ところが河津桜の原木のある前まで来たら、急に動かなくなってしまった。
止まったまんま。
急遽Uターンして駅方向へ戻る。
黄色い半纏着た駐車場係りの人を見かけるたびに、訊くも満車満車だという答えが返ってくる。

川向こうへ行ってみる。
幸い仕舞屋の人が道路際に立って呼び込みをしている。
自宅の庭に止めさせてやっての内職だ。
駐車できるスペースを確保できた。
駐車場探しに30分以上も掛かってしまった。

やっと花見をすることになった。
お店の出ている対岸の桜並木の下を歩いてお花見だ。
多少満開は過ぎたようだがまだまだきれいだ。
河津桜特有の濃いピンク色の花びら、その花一か所から複数出てこんもりとして豪華な感じを醸し出している。
c0147935_17192323.jpg
青空をバックに一層映えている。
涅槃堂の駐車場のベンチでで一休み。
以前この駐車場は無料で使用できたが4年前から有料だ。
その駐車場が今日は7時半には満車になったとのこと。
いかにみなさん早めに見物に来るかという事が身に沁みて分かった。
相方さんここで土産物売り場でミカンや野菜を仕入れる。

c0147935_17331033.jpg

この傍の橋を渡って対岸の対岸の桜並木道を南下。
こちらには臨時のお店は全くない。
花見を楽しむだけだ、。

菜の花の黄色、桜の紅色そして空の青色
このコントラストも素晴らしい。

惜しむらくは菜の花の群生した場所があまりない。
以前は土手の法面にたくさんさいていたのだが。

こちら側にミカン生産者のお店がある。
この店で相方さんミカン類を買う。
一袋100円。買いやすい。
青島というミカンのブランドを覚えたのはこの店で買ったのが契機だ。
隣に架かっている橋が工事中の頃だから6年前ぐらいか。

並木道を歩いて目立つのは大きなカメラを担いでいるひと、
そして犬を連れている人。
沢山いるのにびっくりだ。


少々買い物をして手に持っている土産物をとりあえず車に入れて最終コースへ。
相方さんバス駐車場横の「観光交流館」へ土産物買いに。
c0147935_17481989.jpg
少々の土産物を手に屋台の出ている道を通って駐車場に戻る。
2時間ちょっとの歩き花見だ。

靴時は30分できたが帰りは、ところどころ渋滞していてばいの1時間も掛かってしまった。
向かいの下りは河津稲取間は大渋滞。その他の所でも渋滞貨車が南下初夏あった。
この車が東京方面に帰るとなると相当な渋滞が長引くと予想。

午後は庭に出て草取りを気なりにする。

自宅への帰りは心配していたほどの渋滞もなく3時間かからずに着いた。

万歩計 13751歩。





by mmmbokuten | 2018-03-04 16:48 | 山小屋 | Comments(0)