カテゴリ:未分類( 168 )

 

閑居・閑居(11月1日、木)

起きてみれば、鬱状態。
午前遊水池のテニスの予定はあったが、
行く気にならない。こんなことは珍しい。
鬱気分だからか。

c0147935_19413299.jpg

家を出たのは本を借りに図書館へ自転車で出たのと

灯油を買いにホームセンターへ車で行っただけだ。

バス通りの「もみじばふう」が色づき始めた。


万歩計 5556歩

by mmmbokuten | 2018-11-01 19:37 | Comments(0)  

久し振りに多摩サイへ(10月8日、月)

体育の日の祝日。
昨日急遽予定が入った。
車のリコールの通知が来ていたが、それほど重大なものでないようなので、こちらから連絡をしないでいた。
とうとう一段落したとみえて昨日ディーラーから電話が入って早めに処理したいと。
10時過ぎに家を出てお店へ、
修理中に新しい車のカタログを見てと置いて行った。
今の車でもう買う気はないと諦めるように言う。
30分ほどで修理は終わった。

もう予定は無い。

c0147935_19421869.jpg

家の玄関わきにうえてある「やまぼうし」。中で何かガサガサ音がする。
見れば薄い鳥の巣のようなものが引っかかっている。
また巣作りの途中みたいだ。
長居箒を持って来て枝から落とそうとしたら
なにやら羽を広げる姿がおぼろげに見える。
目を凝らしてみれば鳩の親鳥が卵を温めているようだ。
何で玄関脇の人の通りの多い所に作るのか不思議だ。
孵るまでは手荒なことは止めよう。



c0147935_19530616.jpg

体育の日にちなんで隣のスポーツセンターは色々企画を立ててサービスをしている。ちょっと覗いてみるかと野球場とテニスコートへ。
野球場はすでに野球教室は終わって少年野球のトーナメント戦をやっていた。
テニスコートは普段のコーチが無料で教えていた。
スポセンの建物に入って見ると何やら参加者の数が少なさそう。
副館長が寂しそうな顔をしていた。

スポセンの裏の遊歩道のゆりのきもこうようがだいぶ進んでいる、



c0147935_19571405.jpg
体を少し動かさねばとぽたりんぐをすることに。
ポタリングもこのところだいぶご無沙汰だ。
全然乗っていないロードバイクを家から持ち出す。
しばらくぶりなのでそんなに近間で済ませることに。
多摩サイの国立の折り返しまで行くことにする。
多摩川原橋手前を左折。
アカシヤ通りうを走る、
たいふうでおられている木が目立つ。
多摩川も無傷ではなかったのだ。
是政橋を渡って左岸に行けば広場ではBBQをしている人が大勢。行楽シーズンだから当たり前か。
それに比べてサイクリストの数はさほどでない。その分こちとらにとっては走りやすいという事か。
折り返しでちょっと休憩して帰路へ。
普段使いの自転車と違ってさすがロードバイク良く走ってくれた。
c0147935_20090725.jpg
自転車で走っている分には足は痛くならないのが不思議だ。

c0147935_20151192.jpg

万歩計 9344歩


by mmmbokuten | 2018-10-08 20:11 | Comments(0)  

妙高山登頂(10月4日,木)

ガイドブックによるとコースタイムが7時間40分。
われわれ後期高齢者中心の男性3人女性二人の計5人。
最低コースタイムの3割増しぐらいを見積もっておかないと帰還が夜になってしまう。
旅館の女将さんが早く出ましょうと言って6時前に車を出してくれた。
c0147935_20271169.jpg

6時15分に燕温泉に到着。登山口で環境保全協力金の導入の可否についてのインタビューを受けたりして手間取る。
結局6時30分燕温泉登山口から登山開始。

湯道を歩く。舗装道路だ、北側が谷になっていて眺望はいい。
40分ほど歩いたところで旅館で作ってもらったおにぎり朝食を頂く。

腹ごしらえをして歩く。
舗装道路がずっと続く。
何で舗装道路なのかと疑問に感じながら。
その舗装道路のところどころ材木で蓋をしたマンホールがある。

このコースは湯道と地図に書いてある。

湯道の名前の由来がわかる。
上で噴出している温泉を街へ送る管が埋設してあるようだ。


c0147935_20353058.jpg

前面に滝が落ちているのが見える。。
滝の両側は赤茶けている。
温泉の成分のせいだ。
この滝に向かって歩みを進めるにしたがって硫黄の匂いが強くなる。

滝壺の脇に源泉の管理棟がある。
そばに「赤倉源湯」の碑が立っている。
ここから赤倉温泉まで流しているようだ。
ここまでは車が入る必要もあるので舗装した道になっているようだ。
碑の脇に水場がある。
この上にはもう水場は無い。
一寸口にする。

ここからが舗装していない本格的な山道になる。
c0147935_20493137.jpg

ちょっと歩いて湯道分岐に、これからは燕登山道を登る。
北の眺望は効くところもあったりして。
紅葉を楽しみながら登る。
が楽しめる道ばかりでない。
胸突き八丁が目の前に。
四つん這いになって何とか越える。

て赤倉登山道との合流点天狗堂に着く。
標準コースタイム2時間40分の所を20分遅れで着いた。
まずまずか。
ここから頂上まで標準コースタイムは2時間。
この時間で登れれば11時半には着くのだが?


ここからは緩斜面はわずかな距離しかない。。
あとは急斜面ばかり。
その極め付きがクサリ場だ。
c0147935_21064920.jpg

鎖を頼りに垂直壁面を登る。
それに続くは溶岩の壁面を岩を掴みながら登る。
苦労すればそれなりにいいこともある。
雲海のかなたに北アルプスの山容が見えた。
c0147935_21095821.jpg

やっとこさっとこ12時5分には山頂に立つ事ができた。
c0147935_15064187.jpg
百名山の一つだ。やっとこさっとこでも嬉しい。
c0147935_20261872.jpg
帰りが心配になってきた。
妙高高原スカイケーブルの最終便は午後4時。
これに乗れないとさらにゲレンデを1時間以上歩かなければならない。
そんな体力は無い。

昼休憩もそこそこに下山開始。
コースタイムと地図とにらめっこしながら、急な道を下りる。
上りは登り始めるとすぐに心臓がパクパクしたが、下りはすぐにはパクパク上りと違って楽は楽。
でも逆算して赤倉登山道との合流地点の天狗堂へ2時までには着かないといけない。

かろうじて2時5分に着いた。
c0147935_21145001.jpg
次は赤倉登山道を下る。
先ずは大谷ヒュッテへ。
この期無人だが水場があると書いてある。
ところが着いてみれば水場は川まで下りなければならない。
水を欲しい仲間もいたがここは断念。

こで2時半、残された時間は1時間半。
コースタイムは1時間20分と書いてある。
我々の脚力でぎりぎりか。

c0147935_21255658.jpg

林間の登山道。
歩きやすい道なのだが、
途中の登山道にスカイケーブルの山頂駅までの距離、コースタイムを書いてある案内板が無い。
着くかどうかの不安を感じながら足を前に出す。

道の先にゲレンデが見えてきた。
c0147935_21334661.jpg
何とか着ける気がした。
山頂駅までこのゲレンデ440mと書いてある。
このゲレンデ歩いて降りるのが狭窄症のこちとらにとって過酷だった。
疲れた足を痛みを堪えながら引きずりながら降りるも、半ばで足が前に出なくなる。
これでは最終便に乗れない。焦る。
ここで後ろ向きで下ってみると、痛みもなしに下れた。
後ろにひっくり返りそうになったが、ゲレンデを下りきることができた。
なんとか最終ゴンドラに乗込むことができた。

ゴンドラの駅に旅館の女将が迎えに来てくれていた。
疲れ切ったこちとらにとって女神に見えてきた。

旅館に戻って先ずは温泉。
湯の中で疲れた体をもみほぐす。

そして食事だ。
今日もお皿が並んでいる。
アルコールもあるが、疲れているせいで飲むのも食べるのもそこそこに
カラオケの予約もキャンセルして、床に就く。


万歩計 19315歩


by mmmbokuten | 2018-10-04 20:24 | Comments(0)  

反省してほどほどに(8月30日、木)

夜中。足の鈍痛があって浅い眠りに終始した。

10時、脚に多少鈍痛はあったが鎮痛剤を塗りこんで、
遊水池のテニスコートへ向かった。

テニスコート、コンクリートだ。
時折雲が陽射しを遮ることもあったが、暑いフライパンの上にいるような暑さだ。
c0147935_20122373.jpg
集まったのは男女3人づつ。
シニアばかり熱中症に注意しながらゲームを楽しむ。
12時前には散会だ。

この午前のテニスで本日の運動は打ち止めだ、
脚に湿布剤を塗ってケアに努める。

本を読んだりゆるゆるの時間を私語す。

by mmmbokuten | 2018-08-30 20:13 | Comments(0)  

歩かなかったなあ(7月24日、火)

c0147935_19560474.jpg起きて下に降りると
相方さんが「柱サボテンのつぼみが沢山着いているわ」と
喜んだ顔をしてこちとらに言う。
早速玄関先に出てみれば
確かに2メートル半先の先端部分につぼみが6ヶも着いている。
今まで花は咲いたことはあるけれどもこれほどのたくさんのつぼみを付けたことはなかった。
今年の猛暑と関係があるのだろうか。
開花しても一日しか持たない花だ。
1本1本楽しみに咲くのを待とう。




朝9時スポーツセンターのテニスコートへ。
曇り空で直射日光に悩まされない、絶好の天気。
教室仲間男性二人と女性4人の6人で打ち始める。


c0147935_20124379.jpg
ところがまもなく雲が消え、灼熱地獄。
休みを多く、おやつを口に入れながらゲームを楽しむ。
こちとらの体調を心配して「頭は痛くない?体温が高くなっていない?」と声をかけてくれる人も。
とにかく熱中症に罹らないように注意しないといけない。
「頭が痛いと」冗談を言い残して、次の予定があるので早引き。

午後は読み聞かせだ。
生田小のわくわくクラブ、1時からだ。
読む前に汗だくになっては上手く読めないはず。
相方さんにあっシークになってもらって、
自転車を積み込んで学校へ。
今日のわくわく1年生から6年生まで66人もいる。
もっとも低学年が多く、高学年は少ない。
c0147935_20232359.jpg
今日の相棒は同期のWさん。
頂いている時間は20分。二人で分ければ一人10分。
Wさあんが先に読む。
こちとらは2番手。読んだのは「ゆうだち」。
夕立に遭遇したヤギが雨宿りさせてもらったがオオカミの家。
そこで起きた事件の話だ。
オオカミは飛んで火にいる夏の虫とばかりにやぎを餌の対象とみる。
ヤギは食べられては大変と食べられないための奇策を考え、
今までやぎでもオオカミを食べてきたと狂態をさらし、
おおかみがついには自分の家を捨て逃げる。
オオカミが逃げるのを見てヤギもこの時とばかりに
オオカミと反対方向に逃げるという話。
最後のページに「この日一番怖い思いをしたのは誰でしょうか」という文を読み上げると
結構な数の児童が「おおかみ」と言っていた。
途中のページの「オオカミがヤギの狂態でちびりそうになった」と読んだら大笑いをする児童もいた。結構みんな楽しんでくれたみたいだ。
読み終えると「おもしろかった」などわざわざ言いに来る子、
次は「何を読んでくれるの」と聞いてくる子、など本に関心を持っている児童が多い。
この学校は毎月「全校」で朝の読み聞かせをしているのがその背景にあるのかもしれない。
帰りは車に積んできた折り畳みの自転車に乗って自宅へ。

次はこのところ足の指の間に異変を感じていた。
昨日から今日は皮膚科へ行くことを決めていた。
自転車に乗って読売ランド前のクリニックモールにある「ともこ皮膚科」へ。
やはり「水虫」だった。
ちょっとじくじくしているとのことであった。
ちょっと放置しすぎたようだ。

処方箋をもって自転車で稲田堤駅前の薬局へ向かう。
c0147935_21282088.jpg急ぎの旅でもないので途中の100円コーヒーを飲もうとコミュニテーカフェ「あうん」に寄る。
サービスと言って出てきたのは「氷いちご」。
家庭用氷かき器でこれだけの量をかくのも時間がかかった。
出もなかなかシロップも甘く美味しかった。
でもこれをお客さんに有料で出すのはこの器械では難しそう。

冷たい氷いちごとこれまたサービスのケーキとコーヒーをいただいて薬局へ。

薬をもらって自宅へ。
坂を登るのは厳しかった。

歩かなかった一日となった。

万歩計 8148歩

by mmmbokuten | 2018-07-24 21:41 | Comments(0)  

曇天下でも(5月7日、月)

我が家の芍薬満開だ。一輪だけだが。
c0147935_20463352.jpg
今日の天気については朝から雨が降るかもという予報であった。
朝からの雨は避けてくれと祈ってた。
とりあえず8時前生田小へ自転車で向かうまでは降らないでと。

今日のマストの予定は2件。
いずれも絵本の読み聞かせだ。

朝一番が生田小での朝読み。
授業が始まる前の10分を頂いての読み聞かせだ。
祈りが通じたのか7時半過ぎ雨が降ってない。
リックに絵本とカッパを詰めて自転車に乗って家を出る。
生田小まで浄水場からは坂道だ。
この坂をとりあえず漕いで登ることを健康のバロメーターにしている。
今日も幸、登りきって学校に着く。

c0147935_20452911.jpg

今年度初めての生田小での読み聞かせだ。
今年度はこちとら3年生担当。
希望した学年だ。

教室日はいれば児童の皆さん体育館すわりをしていて準備OK.
「おはようございます」の挨拶がはきはきとしている。
元気をもらえる瞬間だ。

こちとらが読んだのは「元気に泳げこいのぼり」だ。
日本の行事についてその謂れを知る機会が無いと思われるので
この本を選んだ。
こちとらも今回この本を読んで初めてこいのぼりの起源を知ったのだから。
新3年生行儀よく、偶にはくすっと小さな笑いをもらしながら聴いてくれた。
最後のお礼の言葉も大声で頂くこととなった。

今年は同じクラスを固定しないで交代に読むことになった。
クラスで雰囲気が異なるか興味のあるところだ。

午後の読み聞かせは菅小の学童保育のわくわく学級だ。
1年生から3年生ぐらいまで一緒の教室で読む。
このわくわく学級、本に興味のある児童は自発的に読み手の前に陣取る。
そんな子が少なからずいるのが嬉しい。
こちとらが読んだのは「オレ、カエルやめるや」。
この本には反応する声が次々と上がって、にぎやかな雰囲気になる。
カエルがぶたになりたい、うさぎになりたいという場面には「なれるわけがない」とすぐ反応したり。
楽しんでくれた本を選べたと自己満足。

c0147935_20464065.jpg

午前中にはテニスを。
生田小での来月の絵本選びの検討会を終え、
急いで家に帰って着替える。
遊水池のテニスコートへ。
30分遅れで。

曇天で風も強く吹いている中でゲームをする。
人数が少ないので、ゲームを結構な数をすることができた。
12時まで予報と違って雨が降ってくることはなかった。

4時からスポセンのコートで遊ぶ予定もあったが
雨で流れてしまった。
残念。
万歩計 14690歩





by mmmbokuten | 2018-05-07 21:33 | Comments(0)  

今日も快晴(5月1日、火)

庭のやまぼうしが花を開き始めた。
c0147935_21184172.jpg
c0147935_21184891.jpg

今日はメイデーだ。
若い頃は労働者の祭典が各所で催されたれていたが、今は日を替えてやっているようだ。

平日の火曜日なのでスポセンへの自由卓球に。
このところお休みしていたXさんが出てきた。
この火曜日の卓球で膝を捻って療養していたとのこと。
卓球でも怪我をすると認識しておく必要がある。

今日もわが仲間15人が集まってボールを打ち合う。
2時間打って早々に引き上げる。

今日は夏日になるとのお予報通り、だいぶ朝から暑かった。
体育室の中で動いていたのでシャツは汗がべたべたしていた。

暑い中動いて疲れたので家でゴロゴロする。

4時からはスポセンのテニスコートへ向かう。
c0147935_21181913.jpg
教室仲間7人でテニス。
夕方とあって多少涼しい風が吹いているので助かる。
2時間笑いながらのテニスをする。
心地良く疲れが。

c0147935_21204222.jpg

庭のミカンの木も花が。


万歩計13681歩

by mmmbokuten | 2018-05-01 21:23 | Comments(0)  

久しぶりにいい気分(4月7日、土)

1ヵ月ぶりのゴルフ。
定例会なのに集まったのは3人だけ
秦野cc。一瞬雪を被った富士山が見えたが、すぐ雲の中に隠れた。
c0147935_21025911.jpg
アウトからのスタート。
二桁こそなかったが、ダブルスコアが二ホールもあって52点。
このところの実力。

ところか午後のインは違った。
c0147935_21030877.jpg

9番のショートテーショット7番アイアンでグリーン手前。ショートアポローチが巧く打ててパー。

10番飲み度津。
ここもパーオンはしたもののグリーのアンヂュレーションに惑わされてドギーだ。

11番打ち降ろしのミドル。ここもパーオン、ツーパットでパーだ。
こんなにうまく行くなんて初めてだ。

12番のミドル。テーショットをも碁バンカー横に。2打め5番ウッドで打てば見事ツーオン。
パットが一つでバーデーだ。

13番右ドッグレッグのロング。何とか4オンしてツーパット。
ここまでの5ホール。1オーバー出来過ぎだ。

次は短いミドル。ショットパットとも上手くいかず、3オーバー。
ついに運は尽きたかと思えば、
16番17番とパープレー。

最後で力尽きてショットが左右にぶれて結局3オーバー。

でもインは締めてみれば43点。めったにお目に架かれないスコア。

アウトインで95点。100点切れ。ネットで72点。
上出来だ。いい気分で終えることができた

ふろにはいらずに伊豆高原に向かう。
ひょっとすると筍が取れるかもと期待して。

山小屋に着いたら7時過ぎ真っ暗だ。
先ずは夕飯と「田はら」さんへ。
先客は5人皆さんお馴染みさんばかり。
喉頭がんから復帰した、歌好きのMさん。どんどん歌う。
それに触発されてこちとらも付き合う。昔の歌謡曲を5曲も歌ってしまった。
いい気分で山小屋へ。

万歩計 13413歩


by mmmbokuten | 2018-04-07 22:28 | Comments(0)  

記憶違い(4月2日、月)

簡単な朝食でも作るとなれば時間がかかる。
お食べ終わってみれば9時半だ。

月曜日の午前、遊水池のテニスコートへ。
すでに数人来ている。
人数不足のお隣のグループに入ってゲームを楽しんでいる人もいる。
着いてミニラリーで体をほぐしているうちに
4人以上になってゲーム開始だ。
c0147935_19512205.jpg
快晴、気温が徐々に上がってくる。やさしい春風が吹いてくる。
まさにテニス日和だ。
男だけの試合も出来たり、
お隣のコートに助っ人に行ったりして
2時間十分に体を動かすことができた。

家の戻って昼過ぎ。
今日は相方さんが旅行から帰って来る日。
駅まで迎えに迎えに行くと言ってはおいた。
竹芝桟橋に着くのが3時半予定。最寄駅には4時半着か。

ちょっと時間があるのでよみうりランドのゴルフ練習場に行くことにした。
1時間半のうちっぱなしで練習。
c0147935_19511703.jpg
アポローチをたくさん打って300球。
3時半終了。

家の戻って歯医者に予約した時間を確認すると5時と思っていたら4時だった。
すでに4時5分前、あわてて自転車に乗って向かう。
着く途中でスマホガなる。
相方さんからか。
自転車に乗って坂道を下っている最中なのでムシ。

歯医者に着いて間もなく待合室にいる時にまたスマホ。
今度は出て歯医者さんにいると言って
出迎え不可と伝える。
スマホ越しに不満な声が。

家に戻ればすでに相方さん帰宅済み。
一緒に旅したNさんのご主人に送ってもらえたとのこと。

良かったあ、揉め事にならなくて。

てきとうに歯医者さんを予約したこちとらが悪い。
そして予約した時間をきちんと覚えていなかったのも
あわてた原因。




by mmmbokuten | 2018-04-02 20:11 | Comments(0)  

夜桜1人花見(3月21日、金)

相方さんから気になるなら1人で行ってきたらと言われた。
そうなのだ。
今年は桜の花の見頃が早いとか。
伊豆高原の桜並木の開花具合が気になっていた。

渋滞に巻きこまれ山小屋に着いたのが6時。
早速桜並木通りに出る。
この通りの桜
だいぶ高齢化していて花の付き方がまばらになって、以前のような見ごたえがなくなってきた。
そんななかで頑張っている桜がある。
c0147935_18302518.jpg
この桜だ。


手もとに食事券があった。有効期限はこの月末。
あまりのんびりもしていられないので、相方さんと昼食に行くことにした。
この食事券、新横浜のグレースホテル内の飲食店だけ有効だ。
11時半ごろに着く予定で10時45分に車で出かけた。
ナビに誘導されていったのだが246号の荏田駅付近大渋滞。ホテルに着いたのは12時ちょうどになってしまった。
和食の「銀」と言うお店に入った。
食事券を無駄にはしまいと、予約なしの食事で一番高いのを頼んだ。
車を使う予定もあってアルコールは飲めない。
となるとほう葉味噌をお土産を買っても消費金額もたかが知れてしまう。
しょくじけんがm残ってしまった。
月内にもう一度切ることにした。

食事を終えて故地とら一人で伊豆へ。
有料道路は混んでないのだが一般道路が混んでいる。
4時間も掛かって伊豆高原にやっと着く。

食事は居酒屋「田はら」食べればいいとお店に直行。
付け出しは明日葉のてんぷら。
お客さんが積んできたもののようだ。
少々飲んで締めは塩ラーメン。
これで腹は膨れた。

夜桜を見ながら山小屋に戻る。
他に屋桜見物している人は無い。

万歩計  6369歩

by mmmbokuten | 2018-03-23 22:59 | Comments(0)