カテゴリ:山小屋( 507 )

 

まったりと(1月21日、日)

今日は朝から強い風が吹いていて 帰るまで ずっと 吹き続けていた 。
まるで台風みたいな強風だった 。
薪ストーブの煙突が吹き飛ばされるのではないかと心配だった。

いつもの日曜日のように 朝のテレビ番組の 定番を見終えるころ、ストーブも熾きだらけになっていた。
焼き芋を造る好機だ。

芋を塗れた新聞紙に包んでさらに銀のらっぷにつつんでストーブに保落ち込んだ。
しばらくすれば出来上がり。
c0147935_16114635.jpg
芋は小田原のSAで来る途中で求めたもの。
真ん中が黄色になったほっこり焼き芋になった。

庭に降りた これをしなければならないということはなかったので 回りながら気がついたことを 少しずつやった
まず レモンの木と みかんの木の徒長枝を高枝バサミで 切り込んだ 。
それからあとは 風の吹き溜まり 枯葉を 集める。
少しだけ 庭の見栄えが良くなった。
c0147935_16134424.jpg
c0147935_16143859.jpg
河津桜の 高い枝を見上げると もう花が咲いていた 。
葉っぱを落とすとすぐに花をつけるということだ。
芝桜も咲き始めてきた。
桜の花を見るともう 春が手の先に来ているような錯覚に陥る。
c0147935_16120990.jpg
イチゴにも花が咲いている。
いずれも目を凝らせば見つけられるというものだが、気分は紅葉してくる。

まったりと 庭と家の中を行き来して過ごしたィ一日だった。

ナビで見ると夕方渋滞個所が少ない。6時半に帰宅の途につく。
3時間弱でいえにもどれた。

万歩計 3795歩

by mmmbokuten | 2019-01-20 23:11 | 山小屋 | Comments(0)  

研修サボって(1月19日、土)

本当は春日町で行われる11時からの読み聞かせの研修会にエントリーしていた。
前日の夜更かしもあって行く気力がなくなった。
ええーいさぼっちゃえと言うことにした。

それなら早く山小屋へいけるぞ。
東名も渋滞は解消したようだ。
1時に相方さんと出発。
横花ICにも渋滞なし。珍しいことだ。
でも早川あたりと湯河原辺りは少し混んでいた。
あ!そうだ、小田原SAからは今日も富士山が見えた。
c0147935_22092850.jpg
c0147935_22093469.jpg
明るいうちに山小屋に到着した。
早速薪ストーブを焚いた。

夕食をあわてて食べて居酒屋「田はr」さんへ。
c0147935_22093878.jpg
顔見知りになった人と雑談したり飲んだりして一時過ぎたところで帰ろうとすると
「ちょっと待て、今夜余摺りで釣り上げたばっかりのイカの刺身を食べてらっしゃい」と言われた。
現在釣ったイカを持って移動中のようだ。
でもなかなか来ない。帰ろうとすると「ちょっと待て」と言われる。
やっと8時に到着。
お客さんがカウンターの中に入ってさばく。
醤油とイカの肝とわさびを和えて刺身を食べる。
なかなかの美味。肝の味が、海から上がったばかりにイカの味がいい。
海に近いからこその味だ。

大満足して山小屋に戻る。

by mmmbokuten | 2019-01-19 21:58 | 山小屋 | Comments(0)  

曇のち晴れ(1月13日、日)

起きれば曇り空だ。
とりあえず日曜日の朝はTVの前に釘づけだ。
天気模様は関係ない。

c0147935_22265179.jpg

10時前庭に下りる。
気になっていた水仙の花。
思いの外少ない。
あげるつもりでいたがこれでは期待を裏切ることになりそう。
摘むのは明日。

c0147935_22270748.jpg

庭の片隅に桜草が咲いている。
何かの拍子に何かについて運ばれたのかもしれない。

河津桜の枯れ葉は殆ど落ちた。
葉を落としたら花芽がもう出ているではないか。
ちょっと驚いた。
早く咲く花だからあたりまえ

c0147935_22265895.jpg

落ち葉の整理の最終段階、
落ち葉をかき集めるながら雑草取りもする。
それなりにきれいになった。





万歩計 4305歩

by mmmbokuten | 2019-01-13 21:26 | 山小屋 | Comments(0)  

山小屋周りの掃除(12月26日、水)

お正月を前にして 山小屋周りのお掃除をすること今回来た主目的だ。

ただその前に前回採って 家に持って行った カブトムシの幼虫を もう一度元の棲家に 返さなければならい。
前回持ち帰ってプレゼントしようとあてにしていた 小学生の お子さんが すでに こもれびの森からゲットしていて もうこれ以上は要らないという。
そんなわけで 前回採った幼虫を 山小屋に持ち帰って来た。
元の場所に戻すためだ。
雑草の集積場の 掘り返してみると、 なんとまだ 幼虫がいた 。
c0147935_22003035.jpg
そのあたりが好環境のはずと
その辺りに前回 採った幼虫を埋め戻した 。

今朝気がついたのだが 金柑の 木の下に喰い散らされた キンカンがたくさんあった 。
機緒のままでは全部食い散らかされるかも。
急いで残りのキンカンの実を全部積むことにした。
c0147935_22001523.jpg
c0147935_22002005.jpg
c0147935_22002634.jpg
現在庭を彩っているのは野生の楓の期2本と水仙の花だ。
楓は野生ながら結構良い色に紅葉している。

それから山小屋の回りのお掃除だ。
小屋の前の道の側溝には落ち葉が溜まっている。
それをまず掃除をする 。
そし庭に下りるて階段だ。
階段にも細かい木くずがたくさんたまっている。
箒で掃く。

ここで一休み。
c0147935_22003489.jpg
昨日小田原のSAで買ったサツマイモ、薪ストーブで焼き芋に。
期待していた13里半とはいかなかった。 

それから前庭の枯葉、これは熊手で掻き集める。
最後に昔の芝生の上の落ち葉を 熊手でかき集めて
とりあえず山小屋周りのお掃除は 終了した。

夜は山小屋で薪ストーブ番と読書。

万歩計5358歩

by mmmbokuten | 2018-12-26 17:32 | 山小屋 | Comments(0)  

まずの予定は病院だ(12月25日 火曜日)

11時半前 自転車に乗って 聖マリアンナ大学病院へ 向かう.
浄水通りの坂道を登って行く。
予約は12時台 だが 、12時前に 受付へ。
まもなく 診察室に 呼び込まれる。
先生に 最近の症状を報告すると 、すぐに 手術をするまでの症状ではないと言われる。
と言って 地元のクリニックに すぐに戻すわけにもいかない。
2ヶ月ほど 様子を見ましょうという話になる。
薬は今の薬を引き続き飲んでください ということで診察は終了。

c0147935_20463508.jpg帰りも自転車に乗って 登ったり下ったりしながら京王稲田堤駅前の薬局をめざい。
途中子の神社前の花壇。
パンジーやビオラがきれいに植えられている。
きっと町会の美美化活動委員会員をされている
読み聞かせグループのSさんがの手によるものだろう。

薬局で2か月分の薬を処方してもらう。
大きな袋に入っている。






家に戻る。
2時過ぎ 車で 相方さんと山小屋へ。
年末とはいえ 平日なので 道路はさほど混んでない。
いつものように小田原のSAで小休止。
霞がかってはいるが遠くに富士山が見える。 
c0147935_22124093.jpg

伊東のナガヤで買い物をして 5時半には 山小屋に着いた。
早速途買った 寿司弁を 食べて一服。

次はお馴染みの 居酒屋「 田はら」さんだ 。
お客さんが入れ替わりがあったが最大5人とさびしい。

c0147935_20464865.jpgそれでも常連、地元の Iさんが 持ち込みの 肴の振る舞いをしてくれた。
お返しするものが無くて恐縮恐縮。
最後にはクリスマスのプレゼントに頂いたケーキまで出てくる。
飲みながらみなさんお地元の噂話を聞いて 2時間。
相方さんが車で迎えに来てくれた。

万歩計 9626歩

by mmmbokuten | 2018-12-25 22:01 | 山小屋 | Comments(0)  

無理したらあかん(12月9日、日)

夜中相方さんが、薪ストーブに薪を入れるたびに音がして熟睡できなかった。
定番のTV番組を見終えて、庭に下りる。

水仙がだいぶさじ始めている。
相方さんどなたかへのプレゼント用に水仙の花を摘んでいる。
c0147935_17363381.jpg
c0147935_17363931.jpg
こちとらは腐葉土を掘り出すため、草捨て場の上の草をどかして土になったところを掘り始める。
すると、お休み中のカブトムシの幼虫がいるではないか。
思わず採ってバケツの中へ。
元気な幼虫は土の中へもぐり込む。

お隣さんのお子さんに会ったので進呈すると言ったら、世話をするのが大変なのでと断られてしまった。

芝桜のうえに落ち葉が沢山乗っている。
雑草も周りに生えている。
落葉をブロワーで吹き飛ばそう駿河きれいに全部という訳にはいかない。
落葉を拾い集めながら雑草を抜いて行く。

隣との境に植えてある染井吉野の桜の木はすべて葉を落とした。
その根元には落ち葉が重なり合って、岩に張り付いたりい岩の間に挟まっている。
これもブローワーで吹くも、手で拾い集めないときれいにならない。
適当にきれいにする。

夕方近くになって 槇棚の整理をする。
一角だけだが。
古い薪を下から取り崩して、一掃し、
新しく割った薪を下から積み重ねていく。
暗くなるのと競争だ。
この作業中に足腰に痛みが、
我慢比べをしながら摘み上げる。
何とかか恰好を点けたが、足腰に負担がだいぶ残ってしまった。

7時半過ぎ 帰路に。
熱海の海岸道路は、花火の打ち上げ中に通過、渋滞を避けることができた。
10時過ぎ帰着。

万歩計 7568歩


by mmmbokuten | 2018-12-09 17:32 | 山小屋 | Comments(0)  

山小屋へ(12月8日、土)

土曜日山小屋へ行くことにした。

相方さん午前中は囲碁の教室。
帰って来るのを待って山小屋へ向かう、2時前。

有料道路は空いていたが、小田厚の降りたところから
湯河原の海岸道路までが込んだ。

どうせ夕方までに着けばいいのだから焦らない。
とちゅうで買い物をして6時前に着く。

c0147935_19561202.jpg

先ずは薪ストーブに火を入れる。ストーブ周りに置いてある薪の量が少ない。
床下から今夜困らないだけの量をストーブ脇まで運び上げる。
暗くなってからの薪運びは不安になる。
これからは、一日分はあらかじめ溜め置きをしておくべきと反省。

c0147935_19560782.jpg

相方さんを残して居酒屋「田はら」さんへ。息は歩いて行くことに、
途中足腰が痛くなる不安を抱えて。
案の定、3分の1も行ったところで痛みが出た。
前向きと後ろ向き交互にしてを何とかお店に着く。

7時過ぎという事もあってったかこの店にしてはお客さんが多い。
男衆は全部顔見知りの人だが、女子衆は3人中二人は初めて見る人。
カラオケでにぎやかになる。
酔いも弾む。声も出す。
楽しく2時間過ごして、相方さんに迎えに来てもらう。

万歩計 4156歩

by mmmbokuten | 2018-12-08 19:32 | 山小屋 | Comments(0)  

思わぬところに(11月26日、月)

バスで来た皆さんの出発時刻は9時という。
食事は8時前には済ませていたのでこちとらは早めに失礼する。

山小屋に着いてテーを飲んで一休み。
済んだところで元芝生(階段脇)の雑草取り。
1時間強してやっと目立つものを退治した。

c0147935_21085744.jpg

ついで昨日思わぬところで見つけたカブトムシの幼虫の採取だ。
朽ちた幹の太い原木の下の土の中から8匹採ってバケツに入れる。
これで成虫になるのはどれくらいだろうか。


昼前山小屋を出る。
自宅に着いたのは3時だ。
一寸今日はルートを替えて西湘バイパスを使った。

5時からはリハビリで
整形外科へ。
今日も駐輪はYさん宅の駐車場。
有難うございます。

万歩計 5609歩


by mmmbokuten | 2018-11-26 21:16 | 山小屋 | Comments(0)  

そこまでして飲みに?(11月24日、 土)

c0147935_21090928.jpg

山小屋へ行く。
今日は一人で。
東名の渋滞楷書を待って出かけることにする。

石橋界隈と真鶴道路の湯河原の海岸付近は混んでいたが、
それ以外はスムーズに走れた

5時すぐに山小屋に着く。
早速車に積み込んできた「折り畳み自転車」を出す。
それに乗って向かうは居酒屋「田はら」さんだ。
歩いて行くと途中で足腰に痛みが出る可能性がある。
自転車ならでることはない。

坂を下りてい行くのですぐ着いた。
先客は地元の人ばかり。
今日、早く来たのは
食事もお願いしたいからだ。
お酒と肴とサザエご飯を頂いて帰る。
帰りは自転車を押しながら坂道を上がる。
幸痛みは出なかった。

山小屋に戻って薪ストーブに火を入れる。
ほんわかした空気の中で眠ることに。。


万歩計4750歩

by mmmbokuten | 2018-11-24 21:22 | 山小屋 | Comments(0)  

山小屋へ(11月17 日、土)

c0147935_20460617.jpg

快晴の天気だ。
でも
予定が特にない。山小屋へ行くことにした。
東名の渋滞が解消するまで待って出ることにした。

ところがなかなか渋滞解消の表示がナビに出ない。
東名青葉から横浜ICすぎまでだが。

渋滞でもいいやと思って、昼ご飯を食べて家を出る。

東名青葉に着けばタイミングよく渋滞が解消していた。

東名、小田厚は順調。
早川手前が渋滞だ。
ここは我慢。
真鶴道路は迂回路、湯河原駅近くを走って走る。

伊東に入って買い物をして4時過ぎに山小屋に着く。

まずは薪をストーブ前に運び、火を点ける。
輻射熱はポカポカ熱が体にあたる。
いい気分だ。

一息ついたところで居酒屋「田はら」さんへ。
カウンターは地元のお馴染みの先客が。

またまた地元のお客さんが持ち込んだ珍しい地元の魚のお刺身を頂く。
また前回に続いて「さざえ」も土産にいただく。
地元のお客さんが持ち込んだ肴はすべて無料だ。

お店の肴よりもお客さんが持ち込んだ肴の方がレベルが高い。
浴商売を続けられるものだ。

万歩計 5488歩

ちょっとおかしなお店だ。

by mmmbokuten | 2018-11-17 20:41 | 山小屋 | Comments(0)