カテゴリ:絵本読み聞かせその他( 16 )

 

新活動場所へ(7月19日、木)

c0147935_11015764.jpg
c0147935_11020252.jpg
「お手伝いして」と同期のSさんに頼まれて。
「少なくても良いのなら」と請け負った
新しい活動場所で絵本読み聞かせだ。

自転車に乗って宿河原のアスク保育園へ。
目星をつけて走って行けばそれほど迷うことなく保育園へ着いた。

今日は3,4歳児担当。
大先輩のWさんと読む。
聴いてくれる園児は32人。
こちとらが読んだのは
c0147935_11043381.jpg
c0147935_11042612.jpg
「オレダレ」は簿化した絵を見て説明を聞いて何の動物か当てる絵本。
園児の皆さん説明を聞く前に画だけ当ててしまった。

「おとまりのひ」は園児がお泊り会で集団で親元を離れて一日いろいろなことを楽しんで過ごす模様が描かれている。
せんとうなども出てきて知らない世界を垣間見ることのできる本。
楽しく聴いてくれた。

「もやし」はいろいろな野菜と公園へ遊びに行く電車の中で様子が描いてある。
「もやし」がうるさい野菜に「しー」と声をかけて静かにさせる役。
この注意する際口にする「もやしー」が園児に気に入られ
読み聞かせが終わっても「もやしー」と口々に声を出して楽しんでいた。

終って「またきてね」と言われ、楽しんでもらえたものと満足した。

来る時は曇っていた空も帰りは晴れで、灼熱の太陽が照りつけていた。

帰る途中家の近くの100円コーヒーやに寄って一休み。

午後はナマステ仲間とちょっと一杯。
集合場所は池袋要町「熊谷守一美術館」3階ギャラリー。
貸出スペース。守一さんお作品が展示されてはいない。

池袋から一駅、今までは池袋から歩いて行ったが、今回は暑いし足も痛んでいるしで地下鉄に乗る。
c0147935_11282565.jpg
要町から美術館まで結構な距離だ。
着くころ足が痛みだした。
着いて椅子に座って待てば何とか治まった。
間もなく仲間全員集合。
展示されているアマチュアの絵画と陶器を見させていた他の地
飲み屋さんへ。
駅前の「養老乃瀧」だ。
4人で懇談。この4人高校の同窓生と同級生。
山名お話中心。こちとらは聞き役。
7時過ぎに解散。

要町から新宿3丁目経由で帰宅。

万歩計  13077歩

by mmmbokuten | 2018-07-19 12:32 | 絵本読み聞かせその他 | Comments(0)  

暑い日だったが(7月17日、火)

読み聞かせ活動の大事な日だ。
下布田小学校の2年生の二組に絵本を聞いてもらう授業に参加するのだ。
この授業毎月1,2年生向けに行われている。
1クラスに我らが読み聞かせの先生とグループメンバー二人が参加して絵本を各自1冊読むのだ。
先生は毎回参加、メンバーは交代で参加するのだ。
先生は「あらしの夜に」のシリーズを年度初めから阿寒目から読んで今日は4冊目。
メンバーは先生の承認された絵本を読むのだ。
c0147935_18204208.jpg

こちとらは今回「にゅうどうぐも」を読んだ。2年生でもにゅうどうぐもを知らない子が結構いた。先ずは縦に開いてみる絵本に驚く子がいた。
絵を見ながらいろいろと小声で反応する児も。
先生の前で読むので結構準備もした買いがあって結構上手く読めたと満足。
1時間目2時間目と同じ本を読むのはこの授業。
本に対する反応がクラスによって違うのに驚く。
10時半に解散だ。

c0147935_18204860.jpg

校内に小川というか用水が流れている。今日はそこで網で何かを捕まえようとしている児がいた。
何とも贅沢な学校だ。







c0147935_18205631.jpg

午後2時からは昨日と同様暑い中でのテニスだ。今日はこちとらがホスト。
暑いにもかかわらず、2時間なのに8人集まった。
予定では9人だったが、急遽ひとりキャンセイルになった。
真夏張りの天気、熱中症にならないためにも人数は多いに越したことはない。
今日のこちとららのプレイはそこそこ満足のいくものだった。

夕方からは山小屋で摘んだ山椒の実の下拵え。
実に付いている細い茎を鋏で切り落とす作業をした。
細かい実相手だ。
だいぶ時間がかかった。

万歩計 10461歩

by mmmbokuten | 2018-07-17 21:55 | 絵本読み聞かせその他 | Comments(0)  

読み聞かせでいっぱいいっぱいだったか(7月9日、月)

午前中は下布田小学校。
交流授業の最終日。
手塩にかけた(?)6年生5人が1年生5人に絵本を読み聞かせをする。
こちらが差し上げたアドバイス100%消化をしたうえでの読み聞かせとはいかなかったが
まずは上出来。
選書も良かったこともあって一年生に喜んでもらえる結果となった。
めでたしめでたし。
ほかのグループの代表選手の読み聞かせも聴かせてもらったが、皆さんお上手
シニアのこちとら青息吐息だ。

12時過ぎ学校を出て自宅へ。
途中のうどん屋でイカ天うどんを頂く。
並盛がこちとらのお腹に丁度いい。

午後一番は高齢者施設「あうん」で絵本を読む。
相棒はT先輩、
10分ものを読んだ。
それを挟んでこちとらは2冊読ませてもらった。
「がまばあさん」と「ゆうだち」。
普段本を右手に持って読むのだが「ガマばあさん」を左手に持って読んだら巧く読めなかった。
慣れているスタイルを変えるのは相当な準備をしておかないといけないという事が
骨身にしみて分かった。
その反省の上に立って。
「夕立」は右手に持って読んだ。先の本の動揺が残って小rまたうまく読めなかった。
ご苦労さんコーヒーを頂いて帰る。

キャンセルしたテニス、帰り際に覗けば6人でプレーしている。
暑いから参加しろと求められる。しょうがない家の戻って着替えてコートへ。
暑いなか短い時間だがボールを打って本日唯一の運動となった。

万歩計 9322歩



by mmmbokuten | 2018-07-09 17:21 | 絵本読み聞かせその他 | Comments(0)  

絵本とテニス(1月15日、月)

朝一番は生田小学校。
朝読みに自転車で出かける。
浄水場跡から学校前までの坂道の上りが今日は一段と辛い。
上っている途中で卓球仲間のYさんと会うも、止まったらもう登れないと思い、
挨拶だけでペダルを踏み続ける。

c0147935_20164816.jpg

6年3組の皆さんに聴いてもらったのが「きたきつねのゆめ」。
話の筋は北海道のキタキツネが冬場の森を見てみた夢だ。
この絵本の特徴は話の筋よりも絵がすべて版画で描かれているという事だ。
この作者、手島圭三郎さんによる版画が生き生きとして迫力溢れているところが
何といっても見どころだ。
この実どころに関心を持ってもらえたらと選書したのだ。

読み始めるといつものように皆さん行儀よく、耳を傾け、絵本を見てくれている。
読み進むうちに
めをらんらんと輝かせて絵に注目してくれている児がいてくれた。
選書した甲斐があったと満足する。

この小学校の月1回の朝読みも来年度からは英語などの新科目導入で、
回数が減るようだ。残りの2,3月の選書を真剣に考えよう。

朝読みを終え「幾勝て絵本設定」検討会が生田出張所で。
2時間ほど議論して続きは2月にまたしようという事になった。

自転車で自宅絵の帰り道、卓球仲間二人と遭遇。
これで3人と遭遇したことになる。
何とも珍しいことだ。

c0147935_21123247.jpg

午後は遊水池のテニスコートへ。普段は午前中、午後で集まれる人は限られる。
5人だけ、そのうち一人は足がつって途中退場。
4人でゲームを楽しんで、寒くなる前に解散。

万歩計 10173歩

by mmmbokuten | 2018-01-15 22:15 | 絵本読み聞かせその他 | Comments(0)  

教室は大合唱(1月12日、金)

朝10時から読み聞かせの予定だある。
場所は塚戸のういず稲田堤。間に合うよう自転車で家を出る。

3,4,5歳児19人一緒で聴いてくれる。
c0147935_19321182.jpg

今日の相棒はA先輩。A先輩と替りばんこに読む。
こちらが読んだのは「ねずみくん おおきくなったら なにになる?」。
ネズミが友達のぞうさん、ライオンさん、ぶたさんらに「なにになる?」ってきくと、
皆、得意なこととか、好きなこととかからなりたい職業を答える内容だ。

こちとらが読み終えてAさんがみんなに「大人になったらなにになりたいの?」って聞いたら、
皆がそれぞれに「けーきやさん」とか「おいしゃさん」などなど答えたのにはびっくり。皆イメージを持っているのだ。










c0147935_19321822.jpg
次にこちとらが読んだのが「うそだあ!」
2人の子供のうち一人が体験話として、
奇想天外な話をするとをすると
もうひとりが「うそだあ」といいかえすはなしだ。
水道の蛇口からジュースが出てきたり、
飲み物で大きく膨らんだお腹、おへそが栓になって外れると、そのはずみで遠くへ飛ばされた話に
「うそだあ」と答えるのだ。
ばかばかしい藩士なので「そんなのありえない」という顔をしたり、言葉に出したして笑う。

読み終えればもう一度聞きたいとアンコール。
A先輩も時間があるので要望に応えなさいという。
今度はこちとらが奇想天外な話の部分だけを読む。
それを聞いて園児がみんなで「うそだあ」と声を揃えて返してくる。
まるでこちとらと園児の掛け合い漫才だ。
教室内が大台騒然。

終えると園児が駆け寄ってきてハイタッチしながら「面白かった」と言ってくれたり、
「またきてね」といってくれたりする。めちゃ楽しい瞬間だ。

楽しい気分にしたって家に戻り次は車屋さんだ
11時に向ヶ丘遊園の車屋さんへ、車に乗って出かける。
定期点検だ。
ホイールカバーの購入を勧められたがまた落とすからと断った。
ただエアコンのクリーニングは前回は回避していたのでやってもらうことにした。
全体的には悪いところが無かったので安心して乗れるはず。

3時半に歯医者さんの予約が入っている。
予約していた本が図書館に入っている連絡も来たので、
ポールを持ってノルデックウオークで駅前の図書館へ。
本を借りて歯医者さんまでの時間週刊誌をななめよみ。

歯医者さんで今日はブリッジを入れて貰った。
このブリッジ入れて貰うまでに準備を含め3か月も掛かってしまった。
時間はかかったが
これで口の中が落ち着いた感じになれたので、もともかく一安心。

万歩計 7217歩


by mmmbokuten | 2018-01-12 20:14 | 絵本読み聞かせその他 | Comments(0)  

緊急出動要請が(1月5日、金)

c0147935_19002759.jpg
c0147935_19001741.jpg
相方さんが丹精込めて育てている小鉢のラン「パフィオぺデイラム」が二花咲かせた。

朝ご飯を終えてゆっくりしていると、
読み聞かせグループの先輩Sさんから電話が入る。
不幸ができたので本日午後の高齢者デーサービス施設「あうん」の読み聞かせに代打で行って欲しいと。
お世話になっているSさんの頼みとあって引き受けることにした。
と言っても手もとに読むに適当な本が手元にない。

c0147935_19001189.jpg

駅前の図書館へ借りに行かなければならない。折角なのでポールを持ってノルデックウオークで。
適当と思われる絵本を4冊ほど借りる。
家に戻って試し読み。
10分以上掛けられないので。
そこで選んだのが「お化けのふゆごもり」。
練習を5回して午後施設に向かう。

今日の相棒はHさん。
この施設でHさんはお召し物が良いことで有名。
登場するのを心待ちにしているひとも多いとか。

初めにHさんがよむ。こちとらは2番バッター。
皆さんの座っている場所の関係で本が見えずらいところがでてきてしまって申し訳ないと思いつつ読む。
声だけはみなさんに届くように大きな声で。
12人ほどの利用者さんの中に筆記用具を持って何かをメモっている人がいる。
本に注目しながら真剣に聴いてくれている。
嬉しい。読み甲斐があるというものだ。
雪童が目と口になっている炭を落とすシーンでくすっと笑ってくれる人がいた。
こんなふうに反応してもらえると嬉しいものだ。
絵を楽しめる本なので、なおさらだ。

読み終えてコーヒーをふるまわれる。

読み終えた絵本を含め今朝借りた絵本を図書館へ返しに行く。
ついでに来週の読み聞かせに使えそうなものを借りて帰る。

万歩計 8419歩 

by mmmbokuten | 2018-01-05 19:38 | 絵本読み聞かせその他 | Comments(0)  

また一冊で間に合わす(11月13日、月)

今日午前は絵本読み聞かせグループの勉強会。
年4回は先生主催の勉強会の参加が義務。
今回で3回目。

生田出張所が今日の会場。
晴れているので自転車で向かう。
登り坂を一か所少なくするため読売ランド前駅経由で。
これなら楽。
読む前の息上がりを防げる。

同期10人が集まる。
先生はは次の予定もあるので読む絵本はみなさん気を利かせて短めのもの。
c0147935_21464933.jpg

「こちとらが読んだのは「あとかくしの雪」。弘法大師の奇跡を絵本にしたもの。
大師様をもてなすために貧乏なおばあさんが盗みを余儀なくする。
その盗みのあとを隠すために大師様が湯時を降らせるという話。
こちとらの読み方ちょっと力が入り過ぎご注意あり。
おなかをすかせているお坊さん、発する言葉に弱さも混ぜるのも必要。
盗みをするおばあさん多少後ろめたさをうかがわせるニュアンスを出した方が良いとのコメント。
不通に読んでいたのではなかなかそこまでは読み取れない。
難しいものだ。

午後、デーサ―ビス施設「あうん」で読み聞かせだ。
11人の高齢者の前で読む。
読んだのは朝読んで先生からコメント頂いた「あとかくしの雪」。
コメントを頭に浮かべながら読む。
みなさん静かに聞いてくれた。
中にはうなずきながら、布団の中で聴いていた利用者さんも。


万歩計が進んでない。
しょうがないポールを持って散歩へ出る。
今日読み終えた絵本を返しに図書館目指して。
図書館近くで、ポールを持って歩いている人がいる。
読み聞かせグループの同僚Kさんだ。
Kさんも結構ポールを持って歩いているようだ。
この地区でノルディックウオークの認知度が上がればいいのだが。

万歩計 9326歩


by mmmbokuten | 2017-11-13 21:50 | 絵本読み聞かせその他 | Comments(0)  

ノルディックウオークで締め(9月14日、木)

2時からのテニスを終えて家に戻ったがシャツは汗でびしょびしょだ。
そのまま濡れたシャツのままでノルディックウオークに近所を一回りすることにした。
家を出てスポセンの前を通り、西菅小の横の坂を下る。
長松寺の先の道を左折して道なりに、三沢川とぶつかったら左折だ。
そのまま我が家への坂道をひたすら上って帰って来た。
汗はさらに書いた気がする。
途中のお稲荷様の周りには彼岸花が満開だった。
カメラを持ってこなかったことが悔やまれる。

今朝起きた時、空は雲で満天覆われていた。
そんな空の下8時すぎ生田保育園に自転車で向かう。
c0147935_13500306.jpg
生田保育園のフェンス際のコスモスがきれいに咲いている。
c0147935_14083746.jpg
絵本の読み聞かせだ。きょうは5歳児の皆さんが聴き手だ。同期のメンバー3人でお相手。

こちとらが読んだのは今年出版したばかりの
「おにいちゃんのなみだスイッチ」
泣き虫お兄ちゃんがどうぶつえんに「一緒に行かれなかったおとうとに、
動物の絵をかいてどうぶつえんへいったきぶんにさせるという兄弟愛の絵本。
17人の園児静かには聞いてくれたが笑顔を見せてはくれなかった。
残念。



家に戻って遊水池のテニスコートへ。
c0147935_13500980.jpg
少々暑くなってはきたが、空の雲はとれ絶好のテニス日和となる。
ただ、プレーヤーが5人と少なく、
緊張して試合をしなければならないようなことにはならなかった。
今日は動き回って健康テニスに徹した。

2時、また飽きもせずまたテニス。
今度は隣のスポセンのコート。
4人で2時間の予定。
ところが集まったのは3人。
「おかしいおかしい、忘れるような人ではない」といいながらwさんを待つことしばし。
メールを打っても出ない。ついに近所だったので家に呼びに行くことに。
ピンポーン。wさんが玄関に現る。
2時間間違えをしたようだ。
支度して即刻コートの登場するようお願い。

コートに4人集まるまで30分経過してた。
でも4人で1時間半できたのだから上々だ。
4人だけなので試合は「4ゲーム先取」で勝ち負けをはっきるすることに。
男性はこちとら一人。真夏のような太陽の下でボールを打ち合う。
結果は
Iさん 2勝1分け
Hさん 1勝1敗1分け
Wさん 1勝1敗1分け
こちとら  2敗1分け
ということでこちとらが最下位になってしまった。
でも楽しいテニスであった。
相手をしていただいたみなさんに感謝感謝。

万歩計 23110歩

by mmmbokuten | 2017-09-14 20:49 | 絵本読み聞かせその他 | Comments(0)  

天気は下り坂(9月4日、月)

第1月曜日、生田小学校の絵本朝読みの日だ。
どんよりとした曇り空だがまだ雨は落ちてはいない。
自転車に乗って丘を登って行く。
今朝は気温が低いので汗を掻くことも無いと思って一生懸命ペダルを踏む。
こちとらの担当している6年3組。
先生の対応が変わっている。
今まで入室の案内は児童だったのが今日は先生だ。
帰りもわざわざ廊下まで出てきてお礼を言ってくれた。
これはどうしたことかと思ったら、思い当たる話が後から飛び出してきた。
川崎市内の小学校別の国語テストの成績が生田小、
以前よりも上がってきた結果が出たとのこと。
それは少なからず朝読みが寄与しているのではないかとの
校長先生のコメントが先生方に伝えられたからではなかったか。
c0147935_15332516.jpg
こちとらが今日読んだのは「わたしのおばあちゃん」。
チェコのえほんだ。
今月は敬老の日もあるので選んだのだ。
おばあちゃんがある日を境に大きく変わってしまったという話だ。
一面では病気になった高齢者にやさしく接して欲しいと訴えている絵本。
皆さん体育座りをして真剣に聴いていてくれた。
行儀のよさにまたまた関心。
読み終えて、学校の図書室を借りて来月の選書検討会をして散会。
c0147935_15335572.jpg
家の戻って遊水池のテニスコートへ。
わがグループでは6番目の参戦者っとなった。
もうひとり後から来たので全部で7人になった。
ところが小粒の雨が降り出した。
グランドが濡れない前に順にゲームをする。
一寸大粒になったところで男4人でゲームをしようと言い出した人が。
こちとらからはそんなことは言えないが、
いい提案と口には出さなかったが賛意を顔で表した。
こちとらが入って4人で熱戦を繰り広げていると雨粒がだんだんと大きくなる。
それでもコートが全面濡れない内はボールを打ちあっていた。
うまいことに4ゲーム終ると同時に全面濡れてしまった。
滑って怪我をしたら大変と中止に。

午後一番ホームセンターへ。あったらいいなというものを買っていたら、小遣いの限度を超えてしまった。

霧雨は降り続いている。
4時から隣のスポセンのコートを教室仲間が予約してくれている。
できるかどうかもやもやしていたが、
結局コートも出来るコンデションとなった。
多少ぬれかげんのこーとだが。
仲間6人で2時間楽しくゲームをすることができた。
こちとら以外は全部女性。
若返るフェロモンがコート上に漂っている感じだ。

万歩計 17546歩

by mmmbokuten | 2017-09-04 15:35 | 絵本読み聞かせその他 | Comments(0)  

湧かせてくれたのは(8月24日、木)

今日は絵本読み聞かせの予定が二つ。
午前は9時から中野島のハグミナーセリー。
午後は生田小学校のわくわくクラブ。
c0147935_20482976.jpg
c0147935_20482497.jpg
両方で読んだのがこの絵本「くだものなんだ」
これはいずれもの場所で大いに盛り上がった。
果物を真ん中で切った絵を白黒で見せてなんの果物か当ててもらうのだ。
片方は園児、片方は児童。
いずれもわかれば大声で答えてくれる。
柔軟性に考え込むような白黒の絵からすぐ正解を言う。
教室中大歓声。大いに盛り上がった。
楽しんでくれたようだ。
巧い選書ができたと自己満足。

c0147935_20491829.jpg

ハグミナーセリーには自転車で向かう。中野島だから行きはさほどんの汗を掻かないでいけるので。
4歳児が対象だ。
相棒はUさん。最近右腕を負傷したので本を長い時間保持できないとのことで
Uさんが1冊、こちとらが2冊読むことになった。
「くだものなんだ」の前に読んだの「夏平くん」。
なつにちなんで選んだ腕白少年の話だ。
20人の園児、腕白少年の動きに多少コメントを入れながらも
静かに聞いてくれた。
相棒のUさんが読んだのは「ねこの花火」。
4ページ版の花火の絵にはみんな目を釘付けにして
まるで本物の花火のように楽しんでいた。
次回この本をどこかで読む気になった。

c0147935_20492691.jpg

生田小学校には原付バイクで行った。学校手前の坂を考えたらこの暑さの中自転車ではいけない。
1年生から4年生までの40人の児童の前で読む。
読んだのは「ふしぎなたけのこ」
山奥の村に生えている筍が伸びて伸びて倒したら海まで届いて
海産物を知らない山奥の人たちが海まで容易に行けるようになったという話。
皆行儀よく、教室を動き回る児童もなく、静かに聴いてくれた。






c0147935_20505022.jpg

午前んと午後の読み聞かせの間の時間遊水池のコートに行った。
読み聞かせの帰り道テニス仲間に会ったら「待ってるよ」と言われてしまったので。
1時間強水分補給をし、小休止を入れてゲームを楽しむ。
男性4人だけの試合は力が入る。
汗を掻き掻き楽しくボールを打つことができた。




3時過ぎいこいの家に本を借りに行き、帰り道、
その本をスポーツセンター2階で涼みながらしばらくの時間、読む。


by mmmbokuten | 2017-08-24 20:52 | 絵本読み聞かせその他 | Comments(0)